Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS 一人暮らし世帯が主流になる?

<<   作成日時 : 2005/08/26 16:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所の将来推計では、20年後の日本では、一人暮らしの世帯の数が、複数で暮らしている世帯数を上回ってトップになるということのようです。

平均世帯人数も、2000年の時点では、最も少なかった東京が「2.21人」、最も多かった山形が「3.25人」だったそうですが、2025年には東京が「1.98人」、山形が「2.91人」といった形で、いずれも減ってくると予測されています。

家族類型別の割合は、とにかく全ての都道府県で、単独世帯の割合が最も多くなると予測されているようです。
複数人が暮らす世帯でも、「夫婦のみ」という構成の世帯の数が増え続け、「夫婦と子供」といった核家族世帯の数は減少して行く模様。

核家族だった家庭が、子供の独立で夫婦だけになり、その後夫婦いずれかが亡くなるといったケースや、独立した子供が、なかなか結婚しないで独りで暮らしているケース、離婚によって独りに戻ってしまうケースなどが、ますます増えて行く可能性が高いということです。

なんだか寂しいですねぇ。。。

一人暮らし世帯が増えることによる社会問題は大きいと予想し、「まずは、今回の推計が現実のものにならないよう、家族が複数いる世帯が維持されるように手を尽くすことが先決」とも述べられています。

確かに、本当にこのような状況になってしまったなら、犯罪などもますます増えると思います。
ラジオ体操の記事の中でも書きましたが、今でも既に、ご近所や町内での付き合いができないでいる家庭も多くなってきており、人と人との交流機会が少なくなってきたからこそ、子供をうかうかと外出させられないとか、させたくないような親も増えてきたり、犯罪が増えてきたりしているとも思えるので、今後一人暮らしの世帯が増えてきたら、ますます社会の繋がりや、地域内での繋がり・交流の機会も減ると思われ・・・。殺伐とした、住みにくい世の中になって行きそうで、嫌な感じです。

かく言う私も、現在は老いた両親と私の3人暮らしとなっており、中年になっても独身生活を楽しんでいる状況なので、世の中を悪くして行く側に居る訳ですが・・・デヘッ!(^^;
(一応は、ご近所との交流もあるし、町内の行事にも都合がつく限り参加してますけど。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一人暮らし世帯が主流になる? Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる