Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界柔道2005

<<   作成日時 : 2005/09/13 16:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 8

9月8日からエジプトで開催されていた、世界柔道選手権大会も昨日で終わりました。

日本は、昨日の団体戦では、女子は準決勝で韓国に敗れ、3位決定戦で中国に勝利しての3位。
男子は、決勝戦で韓国に敗れての2位となりました。
男女揃って韓国に負けてしまったということが、なんとも悔しくてなりませんね。

個人戦の方でも、「全階級でメダルを!」と、誰かが言っていたと記憶していますが、男女あわせて「金」が3個しか獲れなかったのは、かなり寂しい気がします。
決勝戦まで勝ち進んで、そこで敗戦をした選手が5人もいた(「銀」が5個)ので、余計に悔しさが込み上げてきますね。(ちなみに「銅」は3個となってます。)

柔道の国際大会を見ていて、いつも思うことは、日本の選手と海外の選手との戦い方の違いで・・・。
日本の選手達は、柔道本家としての意地やプライドもあるからか、一本勝ちにこだわり、かつ、非常に美しく、鮮やかな技を決めて勝利してくれることが多いので、会場で観戦している日本人以外の観客からも、歓声やため息が出てくるなどで、TVで観戦している我々日本人としても嬉しい限りですよね。

一方で、海外の選手の多くは、体格の良さや腕力の強さを活かし、技の見てくれなどは関係なく、とにかく相手の背中を畳につけることを優先しているかのようなスタイルだったり、組み手争いに必要以上にこだわり、なかなか試合らしい試合をせず、一瞬の隙を突いて「効果」でも「有効」でも奪ってしまえば、あとは「指導」などを受けないようにして逃げ回ればよい・・・というようなスタイルだったりすることが多いような気がします。

そういうスタイルを非難するつもりなど全くないし、ルールで認められている範囲内だからこそ出来ることでもあると思うので、一向に構わないのですが、できればもう少し正攻法な戦いをしてほしいという思いと同時に、日本の選手に対しては、もっと泥臭い柔道も身に付けてもよいのではないか・・・などと思ったりもしています。

負けて悔しい思いをするくらいなら、もっと「勝ち」にこだわって、パワー柔道は無理としても、嫌味な柔道もできるぐらいになっても良いのでは? などと思うのですが・・・、柔道の本家の日本としては、そういうことは出来ない(やりにくい)のでしょうかね?

柔道の精神のようなものを理解して、日本の柔道に近い柔道をやっているとしたら、ロシアぐらいのようにも思える訳でして・・・。
その他の国の選手達は、概ね「見てくれや手段はどうでもいいから、とにかく勝てばいいんだ」みたいな感じで試合をしているように見えるし、そういう気持ちで挑んでくる選手に、いつも正攻法なやり方で迎え討っていても、損をするだけのような気もするのですが・・・。

勿論、最低限の「誇り」とか「意地」のようなものは必要だと思うのですが、日本らしい柔道を貫き続けることが、やはり最重要なのかどうか? 勝利を犠牲にしてでも、貫くべきことなのかどうか?
などなど、国際試合を見るたびに、色々と考えてしまうのでした。

以前は、国内ルールと国際ルールとの間のギャップも大きくて、日本の選手が不利になるようなことも多々ありましたが、その辺は、おそらく国際ルールへの対策なども進んできていると思われ、少しずつ解消されてきたようにも見受けられるのですが、試合時のプレイスタイルに関しては・・・やはり、どうしても、ゆずれないものがあるのでしょうかねぇ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
世界柔道 金3つ
個人戦16カテゴリーが終わりました。 私の予想(4〜5個)を下回ってしまいました(-_-;) 残念です。 ...続きを見る
すがたの狩人 雑記帳
2005/09/13 18:02
男子は銀、女子は銅。。<世界柔道国別対抗団体戦
惜しかったなぁ。。。 ...続きを見る
WAKO’S ROOM
2005/09/13 18:50
世界柔道も終わってしまいました。
世界柔道が今日で最終日でした。といっても今日の団体戦は見てませんでしたが、昨夜の薪谷選手、よかったですねぇ〜! アテネ五輪の代表選考会前にNHKで薪谷選手の特集 ...続きを見る
シュウの一人時間差攻撃!
2005/09/13 21:48
世界柔道
週末は世界柔道を楽しみました。日本は金メダル3つ、総計11個のメダルを獲得。アテネオリンピックの興奮がよみがえってきました。 ...続きを見る
今日も元気です
2005/09/13 22:16
世界柔道
日本では選挙の話題で盛り上がっている中で、エジプトでは世界柔道が行われていました。 TVで観ていると客席ガラガラですね。やはり国内や五輪のようには行きませんね(苦笑) ...続きを見る
FREE TIME
2005/09/13 22:37
胸に抱き未来へ
<世界柔道> 世界選手権 カイロスタジアム ...続きを見る
Honey Vanity
2005/09/13 23:27
2005柔道世界選手権 閉幕
 カイロのカイロ・スタジアムで行われていた柔道の世界選手権は12日で閉幕。4日目に女子無差別級の薪谷翠が優勝、男子無差別級の高井洋平が銅メダルを獲得。最終日の団体で男子が銀、女子が銅を獲得し、金3つ、銀6つ、銅4つ、メダル総計13個で大会を終えた。 ...続きを見る
ざわとーく新館
2005/09/14 02:01
柔道世界選手権=薪谷翠、残り14秒に「つばめがえし」1本で金!=
薪谷が金、無差別女子快挙/世界柔道 (日刊スポーツ) - goo ニュース ...続きを見る
今日の気分は?
2005/09/14 07:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
遊猿さん、こんばんは。
僕は日本選手の正攻法の柔道が大好きです。この大会を見ていて、すぐに足を取りに来る海外選手が多いのに幻滅しました。諸手狩りや朽木倒しのような技は、全くダメという訳ではないですが、組む以前にこれらの技を最初から狙っているというのは、柔道をつまらなくする要因になりそうな気がしています。
うぉんばっと
2005/09/13 19:27
うぉんばっとさん、こんばんは!

まとめの記事を書かれたらTBをお送りしようと、手ぐすね引いてお待ちしていたのですが、コメントが先に来たぁ!(笑)

海外選手の、そういう戦い方は、随分前から始まっていますね。やはり、日本の選手が強いし、技の切れなどではかなわないから、というのもあるのかもしれませんね。
私も、今のような日本選手の戦い方は好きですし、理想だと思っていますが、武道精神とスポーツ精神とが微妙に違っていて、五輪や世界選手権などでは、やはりどんな手段を用いても勝った者が称えられる傾向にあるというところからも、日本選手も戦い方を考えてみた方が良いのかな・・・などと思っていたりします。
(今大会を見て、特にそういう気持ちが強くなりました)
遊猿
2005/09/13 19:36
TB有難うございました。
目標が高いので、金3つはちょっと・・・なのかもしれませんね。
プレーのスタイルもおっしゃるとおりですね。それとスピードと積極性がないとダメですね。
難しいなぁ柔道は。。。
見てるとオモシロイですが。
Y&K
2005/09/13 22:14
残念ながら団体戦を見られなかったので、柔道記事は個人戦だけで終わりです(笑)。
確かに実際の試合では、勝った者が称えられ、負けた者は去っていくだけ。柔道が武道ではなく、単なるスポーツになってしまうのはさびしいですね。でも、綺麗な一本勝ちをした選手には、惜しみない拍手で迎えてくれる観客が多いですし、そういう画面が多くなるといいですよね。日本の選手は、もっと相手を崩して、自分の体勢に持っていく練習が必要かもしれないとも思いました。
うぉんばっと
2005/09/13 22:24
Y&Kさん、コメントありがとうございます。

そうですね。今回は、銀が多かった上に、ガムシャラな技で効果などを重ねられ、追い付けずに負けていくようなケースも見られたので、余計に口惜しく思いました。
短い時間の観戦で、喜怒哀楽を味わえるという部分では「楽しかった」と言わなきゃいけないのかもしれませんね♪
遊猿
2005/09/14 00:26
TBありがとうございました。
今回の世界選手権はアテネのような結果にはなりませんでしたが、
今後を担う選手も出てきただけに、まずまずに結果だったと思います。
当ブログにも書いたのですが、うぉんばっとさんの言うように、
海外のいきなり足から攻める柔道は変な感じがしましたよ。
FREE TIME
2005/09/14 00:27
うぉんばっとさん、こんばんは!

アチャー!柔道の記事は、あれでオシマイでしたか?仕方ないから、最後の記事にTBさせて頂きます。(笑)
嘉納杯など、国内で開催される由緒正しき大会では、今のような戦い方でも十分と思うのですが、五輪や世界選手権などでは、やはり「金」を獲ってほしいという我がままな願いもあるし、選手達もその方が嬉しいのではないかと思うんですよね。
ちょっとだけ考え方を柔軟にして、国際大会での柔道は別物なんだと思うなどして、いざとなれば泥臭い戦い方もやってみる・・・みたいになれば良いかなぁ・・・などと思ったりしてます。
遊猿
2005/09/14 00:35
FREE TIMEさん、こんばんは!

確かに、次代を担うような選手が出てきたのは嬉しいことですね。
それから、TVでゲスト解説をしていた野村選手が、同じ階級の江種選手について、コメントしづらそうにしていたのが、妙に印象に残りました。(笑)

海外選手の戦い方は、「何でもあり」みたいな感じで私も嫌で、日本選手のクリーンで爽快な柔道が好きなのですが、そろそろ、たまには日本選手もそういう嫌らしい戦い方も取り入れてみてもいいのかな?などと、今大会は一番強く感じました。
遊猿
2005/09/14 00:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界柔道2005 Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる