Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS 第3のビール、増税へ・・・

<<   作成日時 : 2005/10/14 15:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 6

このたび、政府(与党)は、2006年度の税制改正で、酒税の体系を抜本的に見直すという方針に固めた模様です。

現在の酒税法では、製造方法の違いや原料の種類・分量などの違いによって、酒を10種類に分類していて、それぞれに異なる税率を適用しているようですが、これを今度は、3〜4種類程度の分類にまとめ、同じ分類に属する酒は、同じ税率を適用することになるようです。

ちなみに、現在の分類は、以下のようになっています。
(【】内が種類で、()内は品目となります。)

【清酒】 【合成清酒】 【焼酎(甲類 乙類)】 【みりん】 【ビール】 【果実酒類(果実酒 甘味果実酒)】 【ウイスキー類(ウイスキー ブランデー)】 【スピリッツ類(スピリッツ 原料用アルコール)】 【リキュール類】 【雑酒(発泡酒 粉末酒 その他の雑酒)】

ビール発泡酒は別の種類(発泡酒は雑酒)となっているのはご存知と思いますが、最近よく売れている、ビールでもなければ発泡酒でもない「第3のビール」と呼ばれているものは、上記の分類の中で、どこに属するのかと言うと、麦や麦芽を使用しない発泡酒ということで、雑種の中の「その他の雑種」として扱われることになりますが、サントリーの「スパーブルー」は、小麦スピリッツを原料として使用しているため、「リキュール類」に分類されていたりもします。

今度の改正では、ビールも発泡酒も、第3のビールも、全て「ビール」という種類に属することになりそうで、そのため税率も同じということになるようです。
となると、第3のビールの税率が上がる(= 価格も高くなる)ことになり、消費者からの不満も出てきそうですが、政府は今回は、ビールの税率を下げると言っており、それで相殺させようという魂胆のようです。

具体的には、どの程度の税率になるかも分かりませんし、ビール会社がどう対応するのかも不明なので、予測もしにくいですが、単純に考えれば、今の発泡酒と同じくらいの価格で、ビールも第3のビールも売られるようになる・・・といった感じでしょうか?

これだと、ビール製造会社側は、なんとなく面白くないような・・・。消費者側も、今まで安く買えていた第3のビールが値上がりするという点では、面白くないかもしれませんね。
ビールが安くなるのなら嬉しいけど、価格体系に差がなくなってしまったら、発泡酒辺りは消滅してしまうかもしれませんね。

ビール関係に絞って書いてきましたが、今度の改正では、ワインの税率も上がるようでもあり、何がどの種類にまとめられるかによっては、値上がりするお酒もあれば、値下がりするお酒も出てくるでしょう。
総合的に見ると、安いものが無くなるような気もするので、やはり損な気持ちになってしまうのですが・・・果たして、どうなるのかなぁ〜(^^;

国としても、税収が下がるようなことをするはずもなく・・・。ビールに関しての話題が先立つものの、実際には10種類ある分類を3〜4種類に再編し、簡素化することで、ビール以外の分類の方では税率を相対的に上げるなんてことも考えられる訳で・・・。
例えば、みりんなどの税率が上がってしまうと、一般家庭は辛くなるでしょうし、リキュールやスピリッツ類の税率が上がると、飲み屋も酒屋も辛くなるでしょうしねぇ。。。

酒好きなオッチャンとしては、気が気でないニュースでした。(笑)
タバコもドンドン値上がりするし・・・。オッチャン、生活しにくくなって泣きそう。(爆)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第三のビール増税!
ビールは減税、「第3のビール」は増税へ…酒税見直し あらら。消費者としては痛いNEWS。 そして開発した皆さんにとっても痛いNEWS。 「ビール」は減税するみたいです。 ...続きを見る
Daigaku Tukareru - B...
2005/10/14 20:47
酒税見直し
 今日も晴れ♪  政府・与党は12日、2006年度税制改正で、酒の種類やアルコール度数などに応じて税率が細かく分かれている酒税体系を抜本的に見直す方針を固めた。  ビールを減税する一方、ビール風味のアルコール飲料「第3のビール」や、ワインは増税する方向で調整する。複雑な酒税体系を簡素化し、酒類間の税率格差を縮小することで、税金の安さを活用した新商品が出るたびに課税強化するという「いたちごっこ」に終止符を打つ狙いがある。ただ、消費者やビール業界などからの反発が高まる可能性もある。  政府・与党は、... ...続きを見る
ひとりごと
2005/10/14 21:41
ビール/第3のビール/第3のビールについて
Prev ビール Next 第3のビールについて ↑ 第3のビールについて コメント 一言どうぞ♪ ニュース速報 WWWサーチ 画像サーチ 関連Blog コメント ↑ お名前: 題名: 一言どうぞ♪ ↑ ビールは減... ...続きを見る

2005/10/16 16:20
第3ビール増税?
ちょっと競馬から外れた話で。 キリンの”のどごし生”などは大豆酵母を使ったもので俗に”第3ビール”と呼ばれているそうなんですが、いよいよ増税の動きがあるようですね。 そのうちやるとは思ってましたが・・・。 メーカーが企業努力して必死に開発したものを食い物 ...続きを見る
サイン読み交差点
2005/10/21 05:51
かりんのおさけ
2006年度の税制改正で酒税があがるらしい・・ 清酒は安くなるけど、ワインは上がる・・みたいな テロップがでていた。 ...続きを見る
だりあ27歳−(笑)な日々
2005/12/14 12:59
じゃばら酒 10度
ようやっとインフルエンザも落ち着き、3/27(火)から職場に復帰しました。 しかし、やはり病み上がり。 この一週間、ちょっときつかったかな。 みなさんもインフルエンザには気をつけて。 ...続きを見る
目指せ酒仙! 将来の店に置く旨い酒を求め...
2007/03/31 16:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめましてこのたびはトラックバックありがとうございます
第3のビール派の私には増税はキツイです


今後ともよろしくお願いしますm(__)m

きょうの出来事・・・
http://kouyouno-kyoudeki.seesaa.net/  You
You
2005/10/14 17:24
Youさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

私も、第3のビールと、普通のビールをよく飲んでいるだけに、第3のビールの値上げは少し辛いと思っています。
ビールが安くなるといっても、知れていると思いますしねぇ。(^^;
遊猿
2005/10/14 18:28
 初めまして。TBありがとうございます。
 財務省はとにかくどうでもいいような理屈をひねり出して国民から税金を絞り取る事しか考えていないようですね。
 しかし、あまりに高い税金をかけるとどうなるか…。
1.国民が酒を買わなくなる→税収が減る→更に税率を上げる…のいたちごっこになるのがオチです。
2.買うくらいなら自分で作る!→やはり税収が減る→更に税率を…つまり政府にとっては何の得にもならないと言うのに…。
イタバシスト
2005/10/14 21:27
イタバシストさん、初めまして!コメントありがとうございます。

仰る通りと思います。困ったものです!
他の酒に関しての情報が出ていないので、ビールに関してのみ言えば、ビール・発泡酒・第3のビールの価格に大差がなくなると、「どうせなら」ということで、ビールを買う人が増え、結果的に税収も大きくなる・・・なんて考えもあるのでしょうね。
国民も、あまり踊らされないようにしないといけませんね。
遊猿
2005/10/15 13:03
トラバありがとうございました(^^)
ビール系の税収入は酒税の半分ほどを占めているらしいので、
ビールの税率値下げは微々たる物じゃないでしょうか。

もっと締めないといけないとこはあると思うんですけどねー。
無駄な歳出が多すぎるんですよね。ほんと。
みや
2005/10/15 18:16
みやさん、コメントありがとうございます。

具体的にどのくらい下げるのかは不明ですが、確かに、そんなに下げないような気もしますね。
仮に、そこそこ下がったとしても、上のコメントにも書きましたように、販売価格に大差がなくなるようならば、多くの人がビールを買い求めるであろうことを狙っているとも思えますし・・・いずれにしても、国の思惑に近い形になってしまうような気がしてないりません。
当ブログでも過去に色々書いてきましたが、税金の無駄遣いが多いのは許せません。
仰る通り、先立って締めないといけない所が多くあると思われ、何故そちらに目が行かないのか(自分で自分の首を絞めることになり兼ねないからでしょうが)、強く言いたい気分ですよ!
遊猿
2005/10/15 18:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
第3のビール、増税へ・・・ Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる