Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS 窃盗罪にも50万以下の罰金刑

<<   作成日時 : 2005/10/07 15:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

現行の法律では、窃盗や万引きをしても、被害が大きいものには懲役刑が言い渡されることはあっても、被害が小さいものは起訴猶予になったり、執行猶予判決になることが多いということもあり、なかなかこの手の犯罪が減らない・・・というだけでなく、最近は若年層でもグループになって(組織化して)窃盗や万引きを行うようなケースも出てきたりしていましたが、そんな窃盗犯罪に対しても、遂に罰金刑が導入されることになるようです。

高価な物が盗まれた時は、盗まれた人も必死になって警察に届け出るなり、何らかの行動を起こすと思いますが、お店などで何かが盗まれたとしても、それが死活問題に繋がらないような安価な物であったような場合は、お店側が泣き寝入りしたり、仮に犯人が捕まっても、叱ったりするだけで終わってしまうようなケースも多いと思われ、盗んだ側に罪の意識を植え付けさせるようなことも、そんなに無いため、常習化し易くなってしまう。
などということを考えると、罰金刑というものができるのは良いことのようにも思えますね。

以前、ラジオ体操の記事の中でも書きましたが、本当は、地域社会の中で、人と人との交流だとか、近所付き合いなどが上手く図られているようであれば、犯罪などが起きにくく、安全で住み易い社会でいられると思うのですが、人と人との交流が薄れていく一方のような今の日本の社会では、法律や条令などによる、細かい単位での規制や制限も必要になってくるということなのでしょうねぇ。
そう考えると、なんだか寂しいですが、それが現実というのであれば仕方がないですねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サッカー日本代表、7日のラトビア戦へ紅白戦 小野がまた怪我
 欧州遠征中のサッカー日本代表は8日午後1時20分(日本時間同7時20分)から当地でラトビア代表と国際親善試合を行う。日本チームは7日、試合会場で約1時間半、紅白戦などを行い、連係を確認した。  この日は三都主と坪井(ともに浦和)も合流して、遠征メンバーが初... ...続きを見る
経営者の独り言
2005/10/08 09:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
窃盗罪にも50万以下の罰金刑 Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる