Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS 肩身の狭い喫煙者

<<   作成日時 : 2005/12/01 15:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

世界保健機関(WHO)は1日に、「喫煙者は雇用しない」という政策を導入した模様です。

国連関連機関の中では、職員採用時の条件として、喫煙者を排除するのはWHOが初めてになるとか。
たばこの害を減らす運動の先頭に立つ機関としての責任を、雇用面でも果たさなければならないというのが理由のようです。

これについては、仕方のないこととは思うのですが、公的機関が大々的に「喫煙者排除」という政策を打ち出すと、民間企業などでも追随する所も増えてくるでしょうね。

欧米では既に、分煙のためのスペースの確保などの費用を削減するといった名目等で、喫煙者の雇用はしないことにしている企業も増えているようですが、日本の場合は、採用条件の中に「喫煙者はダメ」と明記しているような企業は、まだ少ないような気もするのですが・・・。
これから、きっとそういう企業も増えてくるのでしょうねぇ。

「百害あって一利無し」の代表例とも言われるタバコですが、愛煙家からしてみれば、健康に害はあっても、精神的にリラックスできたり、手持ち無沙汰を解消できたりと、かなり意固地な(?)利点もあると思っている人もいると思うのですが、受動喫煙の問題などをはじめ、雇用時にも制限ができてしまうとなると、「喫煙者にも、喫煙の自由がある」などと言っていられない時代になってきたような気もしますねぇ。。。
なんだか寂しいなぁ〜(^^;

そんな中、2006年度の税制改正にあたって検討されていた、たばこ税の引き上げについては、ひとまず見送ることになったというニュースも、昨日辺り流れていましたが・・・。
個人的には嬉しいのですが、いまいち大っぴらに喜べないところが悲しかったりして。(笑)

どうせなら、「タバコは違法(製造も販売も喫煙も)」などと法律でビシッと規制してくれた方が、スッキリするかもしれません。
軟弱者だから、自分の意思でやめられそうにないしぃ〜。デヘッ!(^^;

そう言えば、過去に以下のような記事も書いています。よかったらご覧下さいませ。
  ↓
喫煙は美肌の敵


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ある番組を見て!
先日ある番組でタバコの喫煙の在り方について、お医者さんと議員さんでバトルをしていました。議員の先生方はここでも党の主張をしていましたが、喫煙者が出ている党と、非喫煙者が出ている党が有りましたので何か個人的な会話に成っていたようです。せっかく時間をかけるなら各党で喫煙者代表と、非喫煙者代表で意見をまとめてきて討議して頂ければ、各党の本当の事が分かっていいと思いましたね。この討議で一番気に成ったのはこの討議でお医者さん側から出た提案の方が具体的で、効力が有りそうな物でした。議員の... ...続きを見る
禁煙ですか?
2007/04/07 18:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
現在、ブログの状態が悪いようで、管理画面からはじき出されてしまいました。(涙)

幸い、投稿した記事は見れるようですが、TBの受信はできないかもしれません。申し訳ございません。

遊猿
2005/12/01 16:19
肩身・・・狭いですね。確かに狭い。
確かに『百害あって一利無し』かも知れませんが、
愛煙家としては必要なものでして・・・いっそのこと一箱1,000−位にしてもらうと・・・やめるかな?

それはそうとフランスではワインのラベルに健康を害する恐れありとの文面を入れるとか入れないとかが議会で審議されているとかいないとか・・・
『酒は百薬の長』・・・では無くなった?
お気楽者
2005/12/01 18:32
こんにちは、遊猿さん。TBありがとうございます。
最近急速に喫煙者の居場所が無くなってきていますね。
「喫煙は病気だー!」とか「路上喫煙禁止、罰金2,000円です」なんて、私がたばこを吸っていた5年前には考えられませんでした。
求人広告で「喫煙者お断り!」なんていうのはまだ日本では見かけないけど、あと数年もしたら当たり前になってしまうかもしれません。
現実問題として喫煙者の方々には、当面の(前代未聞の)たばこ税大幅引き上げが気になるところでしょう。
今回のたばこ税引き上げの問題に関連して、私のブログで簡単なアンケートを行っておりますので、よろしければ見にきてください。
http://kinen-today.seesaa.net/article/9691436.html
わかば
URL
2005/12/01 21:04
お気楽者さん、こんばんは!

そ、そうですね。さすがに1箱1000円とかになると、私も買わないでしょう。(笑)
ワインにも、そんな事情があったのですか?
まぁ、何でもそうですが、度を過ぎるといけませんしねぇ。それとも、少量飲んだだけでもヤバイのかな?
遊猿
2005/12/02 03:19
わかばさん、こんばんは!

マジで肩身が狭いです。(^^;
私は普段は自宅で仕事をしているから、まだマシな方ですが、時々客先に行くと、吸う場所がなくて禁断症状が出てきそうで・・・(笑)

これだけ嫌われているタバコでも、販売を認めているのは、税収が大きいからなのでしょうかね?
アンケート、後で拝見させて頂きますね。
遊猿
2005/12/02 03:24
遊猿さん☆おひさ〜です。
更新サボリ魔のモコナです!
「喫煙者は雇用しない」などという恐ろしい内容にビックリして飛びついてきました。

結婚前に働いていた会社が、社内完全禁煙になった時。。。。
喫煙者は非常階段へ追いやられ吸ってました(;_:)
確かに「百害あって一利なし」ですが。。。。
他人に迷惑をかけない場所での喫煙まで規制されるのは愛煙家としてはチョット悲しい事です。
医者によっては、ストレス解消に多少のタバコはいいのでは?という人も居るんですけどね☆
禁煙計画が脆くも崩れた言い訳してみるモコナです(笑)


mokona
2005/12/04 03:29
mokonaさん、おっひさ〜♪

確かに、喫煙者の立場からすれば、タバコはストレスの解消にもなると思いますよねぇ。(笑)
非常階段とか、限られた場所で吸っている限りは、他人への影響も殆どないだろうから、雇用まで制限されなくてもいいのに・・・とも思います。
ただ、喫煙用の専用のスペースを確保できない企業などは、オフィス内を区切るなどして作らないといけなくなるでしょうから、難しいのでしょうね。

でも、日本では、珍しく米国などの動きに反して、女性の喫煙者が増えているようなので、そう簡単には喫煙者撲滅もできないかもしれませんね。(^^;
遊猿
2005/12/04 14:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
肩身の狭い喫煙者 Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる