Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本、初の人口減少

<<   作成日時 : 2005/12/22 18:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 1

厚生労働省の人口動態統計の年間推計によると、出生数から死亡数を引いた「自然増加数」はマイナス1万人となり、統計をとり始めた1899年以来初めての人口の「自然減少」となることが分かったとのこと。

日本には、外国人居住者も年々増えていると思うのですが、そういった外国人を含めた「総人口」ベースでも、マイナス4000人となる見込みのようです。

国立社会保障・人口問題研究所の予測では、「自然減は06年から」となっていたようですが、1年早く減少が始まった形となってしまいました。
同研究所では、インフルエンザの流行で死亡数が増えたということと、団塊ジュニア世代での出産が伸びなかったという風に分析されているそうです。

でも、一番大きな原因は、男女雇用機会均等法が成立〜施行されるなどして、女性の社会進出が盛んになってきたことのように思うのですが、どうでしょうか?

勿論、男女雇用機会均等法の是非を問おうなどという思いはありませんし、悪い法律だなどと思っている訳でもありません。
ただ、こういう法律が施行されたにも関わらず、社会での受け入れ体制が、なかなか整備されて来なかったのが原因の1つと言えるのではないかと思うのです。

女性も積極的に雇用されるようになると、共働きの家庭が増えることにもなり、そういう家庭では、奥さんが子供を産んでも、家で育児をすることが満足にできなくなる。
おじいちゃん、おばあちゃんと同居していれば、自分達が勤めに出ている間に育児を任せることもできるけど、そういう家庭ばかりではない訳で・・・。

産まれて間もない乳幼児を安心して預けることのできる施設が無かったり、会社側にも育児部屋のようなものが無かったりすると、なかなか「子供をつくろう」という気にもなれません。

企業の中にも、専用の育児部屋などを作り、そこにちゃんとした育児ヘルパーのような方を雇ったり、或いは女性社員がそういう役割の一部を担ったりするような所もあるようですが、そういう企業が出てきたのも、ごく最近のことだと思います。

ここまでしなくても、企業側が育児休暇を長期に渡って認めてくれるようであれば、まだどうにかなったかもしれませんが、こういう企業もまだそんなに多くないのが現状ではないかと・・・。

欧米では、ベビーシッターという職業の地位も確立していて、女学生などがアルバイトでベビーシッターをやっているような光景も、映画の中でもよく見られますが、日本にはそういう風習はあまり無く、夫婦が勤めに出ている間、ベビーシッターに自宅に来てもらって赤ちゃんの世話をしてもらうなどということは、むしろ嫌がる人の方が多いでしょう。
(一応は、国内にも色んなベビーシッター団体もあるようですが・・・)

というような事情もあり、結婚をしても、なかなか子供をつくることができないでいる家庭も多いと思われ、少子化が進んで行くのも仕方がないような状況になっているのではないかと思うのですが、いかがでしょう?

最近になって、ようやく育児や産休などについても真剣に考えようとする企業や団体も、少しずつ増えてきつつあるようにも思えるのですが、こういう動きが世間一般に広まらないと、なかなか少子化を食い止めることはできないのではないか・・・とも思います。

それはそうと、こういう人口の自然減少という状況を受けて、「少子化も大きな枠組みの中で、消費税(率引き上げ)問題でとらえてほしい。」といったコメントをされる議員もいらっしゃるようで・・・。
またしても「消費税」という言葉が出てきているところに、なんとなく、うんざりしています。

先の、2006年度の国家予算での歳出削減のニュースの中でも、結局のところ「消費税関連の議論を見据えての削減」みたいな言い方をされていましたしねぇ。。。
勿論、「消費税論議を見据えて」ということは、「歳出削減に成功したから、消費税は上げる必要がない」と唱える議員もいらっしゃるとは思いますが、反対に「国がこれだけ努力したのだから、消費税を上げても構わない」というような意見も多く出てくると思いますし・・・(^^;

消費税、上げたくて上げたくて仕方のない議員さんが大勢いらっしゃるのでしょうねぇ。
小泉総理は、消費税引き上げ法案について、2007年になっても提出する予定はないと語っているようですが・・・。

本題と逸れてきたので、この辺で・・・。


なんでもかんでも消費税かよ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
減ったみたい
日本に住む日本人の人口が減少に転じたようですね。 ...続きを見る
絶対セミリタイア 半年で目指せ月収50万...
2005/12/22 23:50
■日本人口、ついに減少
政府の人口動態統計の推計値で日本の人口が初めて減少に転じたことがわかった。ついに減少だ。日本人が減っている。今まではたとえ出生率は下がっても、老人が死ななくなった分、人口そのものは、減少することはなかった。ところが今回の調査の結果だ。いよいよ、日本が破滅.... ...続きを見る
コレバナ〜知ったか! 裏ヨミニュース〜
2005/12/23 08:04
冬将軍襲来!!人口自然減時代到来!!
確かに天気や天候を予想するのはむ難しい事だと思いますが・・・それにしても気象庁の向う3ヶ月の長期予報・・・これは修正と言うよりも、やり直し・・・結果あわせですね。 気象庁は、1~3月の3カ月予報を発表した。気温は北日本と東日本で平年並み、西日本南、西諸島は平.. ...続きを見る
ゆったり・ほっこり・へんこつに・・・
2005/12/23 11:49
人口、初の自然減
人口、初の自然減に 少子化進み1万人 05年推計 ...続きを見る
zaraの当方見聞録
2005/12/23 12:14
高い医療費
 あまり風邪も引かず、怪我もなし、至って健康な自分としては医者にかかることは滅多にありません。  ところが、虫歯が原因で歯医者にかかることになり、今では治療も済んで定期的に手入れに行っています。 ...続きを見る
ブログ らぷぽ
2005/12/23 16:06
日本の人口が減少し始めた!
 05年にまれた子どもの数が死亡者数を1万人下回り、明治以来初めて日本の人口が減少したと厚生労働省が発表した。  40年ほど前に日本の人口分布が正三角形型から釣鐘型になったと発表されたことがある。それ以来、日本の人口に関する情報は殆んど流れてこなかった。流れてくる情報といえば、中国やインド、アフリカなどの人口の急増をいかにくい止めるかという、他人事の情報ばかり。  人口を増やすことより人口を減らすことが「よし」とされるムードで充満し、人口の減少に対する危機感を国民は意識することが出来なかったのだ... ...続きを見る
今日の気分は?
2005/12/23 16:59
日本の総人口、減少過程へ
これは日本社会の将来を考えると、重大なニュースである。 ...続きを見る
虎哲徒然日記
2005/12/23 17:22
人口自然減=若者の負担自然減
老人は死ぬ。されど財産は死なず。団塊の世代が平均死亡年齢に達するのは今から20数年後。それまで死亡者数はほぼ右肩上がりで増え続けるだろう。それは同時に相続額が増え続け、若い世代へ財産が還流される額が増えることを意味する。 ...続きを見る
佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
2005/12/24 18:55
人口減少社会へ
今年は日本人の人口が減少するとのこと、phD_ninoは年金問題を考えます。 年金問題が議論になったとき、人口減少は2007年からのはずでした。 その際、今の年金を「100年安心プラン」と言い張ったのは、公明党でした。phD_ninoは聞いてみたいです。 公明党さん、これでもまだ100 ...続きを見る
phD_ninoのうだうだブログ
2005/12/25 15:57
日本人が減る!!
人口減少の記事について集めてみました。中身のない記事ですみません。 ...続きを見る
熱血!! ☆ファイトークマン☆鈴木孝明の...
2005/12/28 05:41
日本 戦後初の人口減少
竹中平蔵総務相は27日の閣議に2005年国勢調査の人口速報値を報告した。10月1日現在の総人口は1億2775万6815人で、04年の推計人口との比較では約1万9000人の減少となる。日本の人口が減るのは戦後初めて。[NIKKEI.NET] ...続きを見る
ざわとーく
2005/12/28 22:14
出生率1.26( ̄▽ ̄;)
出生率1.26%になったらしいです( ̄▽ ̄;) ...続きを見る
zenの日記
2005/12/29 07:01
日本、人口減少時代へ突入
ついに日本も人口減少社会になりましたね。 いつか来るとは分かっていましたが、これほど早いとは。 政府の試算と比べても約2年早い減少開始のようです。 ...続きを見る
Paper Dokuhon Blog 〜...
2005/12/30 02:11
少子化・人口減についての考え方
人口減については、政府の自殺者への取り組みと人口減少についてでも少し触れましたが、猪口大臣が出産費用の無料化を提案したということで、少子化・人口減と絡めて考えていこうと思います。 他のブロガーたちの意見を見たところ、 「それだけで根本的に解決できると思っ.... ...続きを見る
政治家・兄やんの一言モノ申すブログ
2006/01/15 08:06
少子化がもたらすもの
 政府が検討している少子化対策の一連の取り組みの中、猪口少子化担当大臣が「出産費用の全額無料化」検討の発言はさまざまな波紋を投げかけています。 ...続きを見る
ブログ らぷぽ
2006/01/16 07:25
男女雇用機会均等法の改正
平成19年4月1日から男女雇用機会均等法が改正されました。 1 性別による差別禁止の範囲の拡大 (1)男女双方に対する差別の禁止 (2)差別的取扱いを禁止する雇用ステージの明確化・追加 (3)間接差別の禁止 性別以外の事由を要件とする措置でも、以下の3つの措置については業務遂行上の必要など合理的な理由がない場合には間接差別として禁止  ・募集・採用における身長・体重・体力要件  ・コース別雇用管理制度における総合職の募集・採用における全国転勤要件  ・昇進における転勤... ...続きを見る
男女雇用機会均等法
2007/04/20 10:34
真性団塊ジュニア世代
真性団塊ジュニア世代三浦展は「出生数の過半数が団塊世代の子どもによって占められる世代こそが本当の団塊ジュニア世代だ」として1972年(昭和47年)から1981年(昭和56年)に生まれた世代を「真性団塊ジュニア世代」と呼んでいる。1975年以降に生まれたポスト団塊ジュニアと重なる世代である。三浦 展(みうら あつし、1958年9月25日 - )は評論家、消費社会研究家、マーケティング・プランナー。新潟県上越市生まれ。現在、マーケティング調査、商品企画などを行うほか、家族、都市問... ...続きを見る
団塊世代応援サイト/定年退職/ビジネス/...
2007/05/21 13:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
児山さん、TBありがとうございました。

当ブログから、FC2のブログに対してTBが送れない状況が長く続いているだけでなく、コメントの投稿もできない状態となっておりますので、こちらにて御礼方々お詫びさせて頂きます。
遊猿
2005/12/30 12:54
日本、初の人口減少 Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる