Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS ベールを脱いだ、Google PC?

<<   作成日時 : 2006/01/09 18:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

検索大手のGoogleが、「Google PC」を出すのでは?といった噂が流れていましたが、1月6日(米国時間)に行われた「2006 International CES」での基調講演で、同社創業者のラリー・ペイジ氏がお披露目したのは・・・。

そう、昨秋に大まかな仕様が公開されていた、MIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボが研究開発している「100ドルPC」のことでした。

Google社は、MIT(実際には、MITメディアラボから非営利団体としてスピンオフされた「OLPC」という団体)による100ドルPCの研究に、RedHatやAMD、News Corp社などとともに協賛しており、その活動の一環のようなものだと思われますが、年明け早々米国らしいユーモアも交えた講演となったようです。

「Google PC」というものが実際に登場するかどうかは別として、googleによる検索が行われていないような地域・・・(つまりそこは、自分で使えるPCを持つことができない人々がいるところ)・・・に住む子供達を中心に、100ドルPCを配給していき、より多くの人達にインターネットの楽しさを感じてもらいたいといった思いは、MITメディアラボでの当初の思いそのままであり、これが現実化に近づいたということだけは間違いなさそうです。

このPC、面白いのは、ゼンマイ式で充電できることです。本体の横に、取っ手のようなものが付いていて、これをグルグル回すことで充電ができてしまう。
また、昨年公開された仕様の通りであれば、フルカラーと白黒を切り替えて使うことができるデュアルモードを搭載していたり、メインメモリが1GBあったり・・・と、そこそこの機能を有しているはず。

当初の予定では、OSはWindowsやMacOSなどのようなメーカー固有の閉じた環境のものではなく、LINUXというオープン環境のものになるということでしたが、その辺については今回の講演ではお茶を濁した模様ですね。

どんな形であれ、たったの100ドルでネット利用できるPCが登場するということは、なかなか良いことだと思います。
恵まれない地域の子供達が主要ターゲットになりそうなので、日本で販売されることになるのかどうかは、よく分かりませんが・・・。
でも、「1億台くらい配布したい」などと、鼻息も荒いようなので、いずれ日本でも販売される日が来るかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Google PCとは?
Google PCは本当だった──「?」 ...続きを見る
zaraの当方見聞録
2006/01/09 22:31
Googleは、世界中の脳を共有化する
 こんばんは、龍司です。 ...続きを見る
∞最前線 通信
2006/01/22 22:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ベールを脱いだ、Google PC? Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる