Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS 近所の繋がりが自殺防ぐ

<<   作成日時 : 2006/03/14 16:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

秋田大医学部の本橋豊教授らが実施した住民アンケートによると、近所の人との助け合いの気持ちや、住んでいる土地への愛着が強いと回答した割合が高い地区の住民ほど、自殺と深く関係があるとされる「うつ症状」は少ない傾向にあることが分かったということです。

これは、失業や倒産他、社会経済的要因の影響が強いとされる自殺に、「近所付き合い」などにみられる地域ネットワークの強さも関係していることを示しており、同教授も「地域の信頼、人と人とのつながりが自殺の抑止力になっている可能性がある」という見解を示されているようです。

このアンケート結果については、統計として数値化して、それなりの答えを出したという点で、素晴らしいと思いますし、説得力にも繋がると思いますが、当然と言えば当然の結果とも言えるのではないかと個人的には思っています。

悩みを正直に打ち明けられる友人や知人が多いほど、色んな意見を聞くこともできるし、励ましを受けて「頑張ろう」という気持ちにもなれると思いますので。
悲しいのは、悩みを打ち明けたり、相談したりすることのできる人が殆どおらず、ひとりで抱え込んで滅入ってしまっているような人が多いということ・・・かもしれませんね。

近所付き合いの重要性等については、当ブログでも時々話題にしてきました。
パッと思いつく記事は、以下の通りです。(他でも要所要所、思いつくままに書いてきたつもりですが。)

消えゆく夏の風物詩
一人暮らし世帯が主流になる?
女児殺害事件に思うこと。

自殺だけでなく、最近何度となく起きている幼児虐待や殺害事件なども、ご近所さん達と親密な交流が行われている地域では、おそらく起きる心配も殆どないはずで、子供達も親達も安心して暮らしていけるような社会が形成されていることと思います。

主婦達の井戸端会議とか、商店街のおじさん・おばさん達の存在って、暮らしやすい社会のためには非常に重要なファクターになると思っている私ですが、最近は私が住んでいる町でも、近くに大型のショッピングセンターやディスカウントショップ、コンビニなどが多くできてきて、個人商店が徐々に潰れていってしまっているのが残念でなりません。

ショッピングセンターやコンビニは確かに便利ですし、その存在価値そのものを否定するつもりは毛頭無いのですが、それらは全て事務的&機械的に処理され、買いたい物を買ったらレジに並んで、支払いを済ませて、袋に入れて帰るだけ・・・といった感じですし、店内で知り合いと立ち話でもしていたら「通行の邪魔」となって怒られてしまうこともあるし・・・。
ということで、触れ合いとか交流というものは、あまり存在し得ない場所とも言えるような気がするのです。

個人商店の場合は、店主と四方山話をしたりできるし、話をしている内に他の客もやってきて話も広がるし、話が広がれば当然のごとく、ご近所の噂話も聞けたりして・・・。(笑)
何かにつけて、地域密着だとか、ご近所の交流の場になっているのが地元の小さなお店ではないかとも思ったりしています。

学生達の通学路には、こういった小さなお店が散在していた・・・と言うか、散在していたからこそ通学路に指定されていたのではないかとも思うのですが、地域によっては、市街地に大きな、そして便利なお店ができたことで、住宅街などにあった小店が無くなってしまうなど、まさに私の住む地域のように閑散としているような所も多いのではないでしょうか?

近くを歩いていると、知り合いばかりで、いちいち挨拶をするのも面倒くさい・・・。
私が学生の頃は、そんな感じでしたが、最近はそういう道にも殆ど人が出てきなくて、見事に素通りできてしまうのが妙に寂しいです。(^^;
(知り合いは、今まで通り、同じ場所に住んでいるものの、近場に小店が少なくなったから、近所でたむろしている人が極めて少なくなっているという感じですが。)

幸い、我が町では、季節ごとに何らかのイベントもあるし、定期的に町単位で掃除をしていたりするので、その時にご近所さん達と他愛も無い話もできるのですが、そういう場面では、大人は大人、子供は子供で集まったりすることが多いから、大人は子供を育てたり見守ったり、子供は大人から何かを学んだり・・・ということもできにくくなっているような気もしています。

大人も子供も暮らし易く、そして、親が子供を安心して自宅から送り出すことができ、かつ、大人同士でも悩みを相談し合えるような、より良い社会にするためには、ご近所との交流や近場の小さな個人商店などの存在も重要になってくるのではないかと思う次第です。

ということで、我々個人個人は、なるべくご近所さんとの付き合いを行うようにしなければならないと思いますが、地方の行政面でも、小さな商店、或いはその集まりとなる商店街への支援なども行って頂くなどして、町全体を活性化させてほしいなと・・・。(^^;




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
うつからの解放のために
米国において、うつ病の原因は、 脳内物質のセロトニンの不足による事が判明し、うつ病患者に、脳内セロトニン濃度を高める「SSRI」の投与が行われています。 脳内セロトニン濃度が高まる事により、脳細胞の活動が ...続きを見る
視力回復!視力回復でメガネを取ったらアラ...
2006/11/09 14:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
何気ない日常の中にこそ、本当の意味の優しさや、安全があるんでしょうね。
そんな昔ながらの日常を懐かしむと同時に、稀薄な社会に寂しさと不安を感じる今日この頃です。
お気楽者
2006/03/14 18:44
昔は、そういった日常が当たり前だっただけに、ちょっとした寂しさや、先々への不安や怖さを感じてしまいますね。
遊猿
2006/03/15 01:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
近所の繋がりが自殺防ぐ Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる