Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS ディスガイア2に夢中♪

<<   作成日時 : 2006/03/14 16:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

以前、「ディスガイア2が出るぅ〜!」という日記を書きましたが、当然のごとく、現在も遊んでおります。(笑)

2月末(23日?)に発売になったPS2版のゲームですが、諸般の事情で私が入手したのは3月2日となりました。

入手後は、確定申告の準備もできていないにも関わらず、ひたすら遊んでいましたが、さすがに一昨日からは、申告の準備をやらねばならないということで、頑張って準備をし、本日無事税務署に行ってきたところです。(^^;
とりあえず、申告を終えてご機嫌なため、本日2回目の投稿となります。(笑)

申告の話題は、私自身おもしろくないので、この辺にして・・・。
魔界戦記ディスガイア2」という、このゲームの面白さについて書いてみたいと思います。

このゲーム、「シミュレーションRPG」というタイプのゲームとなりますが、本編のストーリーは実にシンプルで、サクサクと進めて終えることができます。
ただ、それだけではないのが、以前の日記にも書いた通り「最凶のやりこみゲー」と言われる、このゲームの魅力でして・・・。
やり込み要素が満載なので、本編そっちのけで寄り道をして時間を使ってしまい、そして仕事や私生活が苦しくなってくるのです。デヘッ!

本編の方は、全部で13話構成となっていて、例えば第1話だと、「初心者ヶ原」「水郷の泉」「編屈者の隠れ家」「枯れ木ヶ原」といったマップがあり、「初心者ヶ原」で戦闘をしてクリアすると「水郷の泉」出現し、そこで戦闘をしてクリアすると「編屈者の隠れ家」が出現・・・といった感じで、マップクリアによって次のマップが出てきて、全てのマップをクリアすると、第2話に移るといった感じで進んで行きます。(第1話には、最初に「チュートリアル」用のマップもあります)

一度クリアしたマップは、いつでも好きな時に再訪問することができ、戦闘をしてレベル上げを行ったりできるようになります。

各話だいたい4〜6つのマップがあり、例外も含めて全部で60程度のマップとなっているのですが、途中である条件を満たすことで、裏のマップにも行けるようになり、表の全てのマップに対して、それぞれ裏マップが存在するため、合計で120程度のマップで遊ぶことができるようになります。
でも、これだけではないのが、このゲームの楽しいところでして・・・(笑)

武器や防具、アクセサリ系、回復系などの各種アイテムにもマップがあるのです。
アイテム界」という世界が存在していて、ゲームに登場する全てのアイテムに「アイテム界」があり、ここにある方法で潜ることができ、また、アイテムによって潜れる階数が異なっていて、10階までとか、30階までとか、100階までとか・・・戦闘しながら、或いは敵をかわしながら階段をとにかく下りて行くことで、そのアイテムを鍛えることができるようになっています。
(アイテム自体にレベルがあり、アイテム界で潜った階層に応じてレベルアップする)

当然、潜るにつれて敵も強くなりますが、敵を倒さなくても、とにかく下の階層に潜るだけでもレベルアップできるので、どうすべきかの戦略も必要となります。

マップには、「ジオ」という特殊効果(磁場効果)を持ったマスが多数存在していて、ここに乗ることで、例えば敵から攻撃を受けてもダメージゼロになるとか、攻撃力が50%アップするとか、防御力が50%ダウンするとか、炎や水などの属性攻撃への耐性が高くなったり低くなったり、ワープをしたり、増殖したり、侵入禁止になったり・・・等々、様々な効果があって、すんなりと下の階層へのゲートまでたどりつけないようなケースも多々あり、ますます悩ましいこともあります。

でも、自軍キャラをどんどん持ち上げていって、それを投げていくことで、遠くのマスまで一気に進めるような技もあったりして、どういう場面でどういう操作をすべきかで、とにかく頭を使うことになって楽しいです。

自軍キャラも、キャラクターメイキングによって自分で作っていくことになりますが、キャラには職業や性別があり、戦士(男)、戦士(女)、魔法使い(男)、魔法使い(女)、盗賊(女のみ)、忍者(男)、忍者(女)・・・などをはじめ、多数のキャラを作ることができるようになっていますが、一定の条件を満たさないと作れない職業もあり、その条件を探すのもまた楽しいです。
ユニークな職業も多数あり、全ての職業を仲間にしたいから、余計に夢中になれます。

モンスターも、戦闘して倒すことでキャラメイクできるようになったり、捕獲して仲間にすることができるものもあります。

また、戦士(男)では、初期は「ファイター」しか作れませんが、成長させて行くと、「ウォリアー」→「デストロイヤー」→「グラディエーター」→「ウォーロード」→「バトルマスター」という風に、能力の高い上位キャラを作成できるようにもなります。

それぞれの職業で、上位職が存在するので、これを一通り経験すべく頑張るのも実に楽しいです。(モンスターにも、上位職が存在します。)

更に、「転生」もできるようになっているため、戦士として育成したキャラを他の職業に転生させて、各種特技を身につけさせながら育成して行くと、より強力なキャラに成長していくことになります。

暗黒議会」というものもあり、この議会に議題(要望)を提出して許可されることで、店で売られるアイテムの品揃えを変更したり、マップに出てくる敵のレベルを上下させたり、議会で可決されなければ作成できないような職業のキャラもあったり・・・等々、色々なことができるようになるのですが、すんなりと可決されることは最初はあまり無く、議員にワイロを贈ったりして、賛成派になってもらうなどの工夫をしたり、それでも否決された場合には、腕ずくで(議員達と戦闘をして倒す)許可させたり、あっさり諦めたりと、とにかく細かなお楽しみ要素も満載で、飽きることがありません。

魔界が舞台ということもあって、色んな行動をとっている内に、色んな罪状が届くようになるのですが、この罪状を持って裁判所に行くことで、「前科○犯」などと認定され、前科者になることができます。(笑)

その罪状にも、「存在そのものが罪」「LV上げすぎの罪」「HP上げすぎの罪」「ATK多すぎの罪」「DEF多すぎの罪」「相当LV上げすぎの罪」「超LV上げすぎの罪」「敵倒しすぎの罪」「ダメージ与えすぎの罪」「女好きの罪」「男好きの罪」「剣を極めし罪」「転生しすぎの罪」「プレイ時間長すぎの罪」「お金持ちすぎの罪」・・・他、愉快な名称の罪が多くて、色々と集めたくなってきます。
(このゲームでは、前科が多いほど有利になりますので。)

そんなこんなで、面白い要素がとにかく多くて・・・上記はほんの一例に過ぎず、日記で書ききれないほどの「やり込み」要素が一杯なため、、「あれもやりたい」「これもやりたい」となってしまい、時間がいくらあっても足らないような日々を過ごしているところです。(笑)

正直言うと、ここ数日は、このブログをはじめ、私が運営している複数のブログを更新することすら面倒になるほど、このゲームに夢中となっておりました。(^^;
ただ、それに歯止めをかけてくれていたのが、確定申告だったのですが・・・。これも強引に本日終わらせてきたので、これからしばらくは、このゲームに没頭したいと思います。(笑)

い、いちおう、ブログの更新だけは、なんとか続けたいとは思っておりますが、更新していない日があったら、「ゲームしているんだな」と思って頂いて間違いございませぬ!(^^;


最後に、ゲームの広告を貼らせて頂きます。
日本一ソフト社のゲームを未経験の方には、最初だけ敷居は高いかもしれませんが、本当に愉快で、やりごたえ十分のゲームですので、ご興味おありの方は是非やってみて下さい!

魔界戦記ディスガイア2(通常版)
amasso!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ディスガイア 2 攻略本
ディスガイア 2 攻略本 ディスガイア 2 も販売! ...続きを見る
ディスガイア 2 攻略本
2006/03/16 00:40
「日本一スタジオ」でWeb小説「魔界学園ディスガイア」配信開始
日本一ソフトウェアは、同社の携帯電話向け公式サイト「日本一スタジオ」において、本日4月2日よりWeb小説「魔界学園ディスガイア」の配信を開始する。 Web小説「魔界学園ディスガイア」は、PS2用ソフト『魔界戦記ディスガイア』と『魔界戦記ディスガイア2』のキャラク... ...続きを見る
オンライン携帯小説ランキングby魔法のi...
2007/04/03 18:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ディスガイア2に夢中♪ Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる