Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜の午後に夢中になれる番組

<<   作成日時 : 2006/04/09 16:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

毎週日曜の午後1:30から、私の住む地域では「たかじんのそこまで言って委員会」という番組が放送されていて、ほぼ欠かすことなく見ています。

大阪の「よみうりテレビ」が制作し、歌手らしくない歌手・・・だけど歌は滅茶苦茶上手い、やしきたかじん氏が司会(委員長)、よみうりテレビの辛坊治郎氏が進行役(副委員長)を務め、パネラーの方々と過激なトークを繰り広げる番組なのですが・・・。

放送される週に、ニュース番組などで報道された出来事などの中から、番組で取り上げるネタをピックアップし、その週の金曜辺りに番組収録をして、日曜に放送されるような形になっているらしいので、ホットな話題が多く、またパネラーの皆さんも、政治評論家の三宅久之氏、評論家の宮崎哲弥氏、タレント風弁護士の橋下徹氏、コラムニストの勝谷誠彦氏、元参議院議員の田嶋陽子氏、落語家の桂ざこば氏・・・辺りが、ほぼレギュラーっぽい感じで、そこに一輪の花と言うか、一種の清涼剤のような感じで、山口もえちゃんや、川村ひかるちゃん他、女性タレントが加わったりして、熱いトークバトルが繰り広げられるのです。

時々、デーブ・スペクター氏、やくみつる氏、江本孟紀氏、舛添要一氏、河村たかし氏などをはじめ、話題の人物なども出演されることもあるし、現役議員・元議員なども出演機会が多く、内容の非常に濃いトークが聞けて、話が脱線する時はトコトン脱線もし・・・見ている側まで熱くなれるのが、この番組の特徴とも言えると思います。

日曜の昼間の放送となっているにも関わらず、関西地区での視聴率は、20%前後もあり、同じ時間帯に放送されている地方都市でも、ほぼ同じくらいの視聴率を叩き出しているという、痛快な番組なのですが・・・。
残念ながら、首都圏では放送されていないようでもあります。

これは、やしきたかじんが、大の東京嫌いということで、「東京で放送されるなら降板する!」などと、番組の中でも冗談抜きで明言したりもしているため、その影響もあってのことだとか。。。

また、東京の番組では、歯に衣を着せないような本音トークや毒舌が敬遠される傾向にあり、東京方面でこの番組を流す場合は、制作者側から制限がかかってしまい、今のように過激なトークもできなくなるだろう・・・といった思いも、たかじん氏だけでなく、パネラーの多くも思っているようで、それでは「この番組らしさ」が無くなってしまうという思いが強くあるため・・・のようでもあります。

ところが、一度この番組を見た人は、きっとその面白さにゾッコンになってしまうのではないかと思えるくらいに、とにかく面白いのです!
だからこそ、ゴールデンタイムのドラマですら、視聴率20%をなかなか超えることができないようなご時世でも、上記のような視聴率を稼いでいるのだと思います。

これだけ人気の高い番組ということもあって、日本テレビの方でも、ゴールデンタイムでの全国放送化を検討しているという噂もあるようで、制作元のよみうりテレビとしても喜ばしい話となるはずなのですが、ここでも、たかじん氏が反対をしているとか・・・。(笑)

この番組のファンのひとりとしては、全国ネットで、しかもゴールデンで放送されるとなれば、非常に嬉しいことですし、この関西発の痛快無比とも言えるような番組で、勢いだとか、出演者の人気に依存して制作されたような半端な番組を、地の果てまでぶっ飛ばしてもらいたい! といった思いもあるのですが・・・。(^^;

たかじん氏や出演者の一部の方々の姿勢や発想も、よく理解できるだけに、「今のままでもいいかなぁ・・・」とも思えてきたりもします。

見た人にしか分からない、この面白さと心地よさ・・・。
時事問題や社会問題について、取り上げる機会が多いにも関わらず、オモシロおかしく、時にシリアスに、そして時には問題の当事者までも出演して過激に語り合ったりして・・・。

ちなみに今日は、外務省の無駄遣い問題に関して、外務省宛てに多くの質問主意書を送り続けている、あの鈴木宗男氏も出演されて、激しく語り合っていましたね。
山口県光市で99年に起きた、母子殺害事件の裁判にて、被告側の弁護士が裁判の遅延を狙って欠席したこと等を受けての、橋下弁護士と紀藤弁護士の熱いバトルも面白かったです。

過激なトークバトルの後には、たかじん氏や辛坊氏によるオチが必ずつくというのも、この番組ならではの楽しみの1つと言えるでしょうねぇ・・・。

番組のホームページは、http://www.ytv.co.jp/takajin/
過去のログや、一般の方からの意見なども見ることができるようになっていますので、番組をご覧になったことのない方でも、そこそこ雰囲気は把握できる・・・かもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
田嶋陽子、嫌い。
勝谷誠彦、大嫌い。
だけどこの番組は大好き。
なんか矛盾してすいません。
なにわくらぶ
2006/05/07 04:06
なにわくらぶさん、コメントありがとうございます。

私も似たようなもんですので。(笑)
パネラーの中には、嫌いな人も数名いますが、そういうことも忘れさせてくれるぐらい、この番組は面白いですよね!
遊猿
2006/05/07 14:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日曜の午後に夢中になれる番組 Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる