Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS W杯ツアー、意外に人気なし?

<<   作成日時 : 2006/05/13 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サッカーのW杯への日本からのツアー参加者の数が、意外なほどに伸びていないそうです。

元々、大会組織委員会が日本分として割り当てたチケット数も、1万1千枚程度と少なめになっている上に、FIFAが現地のホテルを大量に押さえ、手配できる部屋数が限られていて、宿泊代の方も通常の倍以上の、200〜300ユーロ(約2万8000〜4万2000円)と高額となっている・・・などの理由もあり、チケットの売れ行きもいまいちとなっているようです。

JTBの担当者なども、「フランス大会では業界全体で3万人以上を集めたが、今回は1万人に届くかどうか」などと嘆いているとか。。。

フランス大会は、日本がW杯初出場となった大会でもあったので、盛り上がりのボルテージも最高で、大勢の人が現地に行って応援していたと思います。
その後、2002年の日韓共催の大会を経て、今年のドイツ大会は3度目の出場となるので、そろそろサポーターもW杯の雰囲気慣れしてきたということもあるのかも・・・。

また、フランスは、お洒落の街といったイメージもありますし、ファッション以外にも、ワインにチーズに本場のフランス料理に・・・と、サッカーの試合以外にも楽しみが多くあったのではないかと思うのですが、ドイツは・・・ビールにソーセージに車などなど、男臭い印象が強く・・・。
本当は、フランス同様に見所も味わい所も多い国だとは思うのですが、日本人には一般的には、フランスほど知られていない(特に若い世代に)というのもあるような気もしますね。

とは言え、W杯関連のグッズの売れ行きの方は好調ということなので、決して興味が薄れたという訳でもなく、今年は日本に居ながらジックリとTV観戦をしようと考えている人が多いということなのでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
W杯ツアー、意外に人気なし? Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる