Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS Winny対策:政府が独自ソフト開発へ

<<   作成日時 : 2006/05/03 15:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

WinnyやShareなどのファイル交換ソフトを介した情報流出が後を絶たないことを受けて、政府は先月28日に、コンピューターのウイルス感染や、情報流出を防ぐ高度な情報管理機能を備えた次世代基本ソフト(OS)の独自開発に取り組む方針を決めたとのこと。

開発の方は、民間の専門家などの協力を受ける「産・官・学」の態勢で取り組み、来年度から政府機関での利用を目指すとともに、民間への開放も検討するようです。


へぇ〜、OSを開発するのですね。どんなOSになるのだろう? 興味津々。

現時点では、OSの種類を大きく分けると、UNIX系、Windows系、MAC系といった形になると思いますが、個人がパソコンで利用する機会が多いのは、その圧倒的なシェアから見ても、Windows系となっていると思います。

ところが、利用者が多ければ多いほど、悪事を働こうとする者の攻撃対象にもなり易く、ウィルスやスパイウェア、マルウェアなども増えてくる。

セキュリティ面で優れているUNIX系のOSは、業務用等で利用される機会は多くても、個人が趣味で、しかもメインで利用するには、GUIの操作性やアプリケーションの種類の少なさなどもあって、なかなか個人レベルには広まらない。

MAC系は、昔からデザイン、グラフィック、DTP等の分野で多く使用されてきたはずで、その延長で個人が趣味で利用するようなケースも多いと思いますが、ネットに接続してサイトなどにアクセスした場合に、機種依存文字やブラウザの特性などの影響で、正常に表示されない文字やフォーム等も結構あるなどで、ストレスを感じてしまう機会もそこそこ。

ということで、どれも一長一短ある訳ですが、企業も個人も多く利用しているとなると、やはりWindows系になってしまうのが現状かと思います。

かねてから「危機管理意識が低い」などと言われることの多かった日本人の多くが、このWindowsを多用している訳なので、余計にウィルス感染をはじめとした被害に遭うことも多くなる。
Winnyなどを介した情報流出が多発するのも、利用者側の危機管理意識の低さゆえのものと言っても良いと思うのですが、おそらく相当痛い目にあわない限りは、この傾向は変わらないとも思う訳でして・・・。

となると、日本人向けと言うか、日本だけで多用されるような、ユニークかつ頑丈なOSのようなものがあって、その上でWindowsのアプリケーションなどが動作するようになればいいのではないかと、以前から何気なく思っていたのですが・・・。(笑)

もしも、上記のような政府の試みが成功して、一般にも配布されるようになるなら・・・
とは言え、「所詮は政府のやることだからなぁ・・・」というような思いもありますが、まぁまぁ、しかし、ちょっとだけ期待してみたい気分にさせてくれるニュースでした。(^^;
(きっと、相当制約の多いOSになると思いつつ・・・デヘッ♪)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政府がウィニー対策ソフトを開発?
政府、ウィニー対策ソフトを開発へ 実用化は不透明 ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を介した機密情報流出が社会問題となっていることを受け、政府は、電子情報の流出やウイルスの被害を防ぐ新型セキュリティーソフトの開発を決めた。5月に産官学共同の開発.. ...続きを見る
zara's voice recorde...
2006/05/03 17:25
政府が「Winny」対策ソフトを開発へ
「Winny」を介した機密情報流出が社会問題となっていることを受け、政府は、電子情報の流出やウイルスの被害を防ぐ新型セキュリティーソフトの開発を決定。 07年度から政府機関で試験運用を開始予定だそうです。 ...続きを見る
ぬるいSEの生態
2006/05/05 08:35
暴露ウイルス:国産ソフト「Share」で被害千件超す
暴露ウイルス:国産ソフト「Share」で被害千件超す  ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を介して情報流出が相次いでいる問題で、ウィニーの後継ソフトとして利用者が増加している国産の「Share」のネットワーク上でも新種の暴露ウイルスが発生、個人情報の ...続きを見る
ニュースのブログから愛を叫ぶ
2006/05/07 06:38
Shareの情報流出が増えています。注意してください
また「Share」経由の情報流出,陸上自衛隊からミサイル資料 ...続きを見る
個人情報保護士が考える内部統制と経費削減
2006/05/16 07:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして!流しうどんと申します。
昔にトロンというOSを日本で開発しようとした経緯があったそうですよ。
そのときにはアメリカに妨害されたとか・・・
今度はうまくいってほしいですね。
流しうどん
URL
2006/05/03 16:20
流しうどんさん、初めまして!

トロンは一応、今でも存続していますね。
確か、あのマイクロソフトとも提携関係にあったように思います。
トロンにも、「eTRON」「BTRON」「CTRON」・・・などなど、いくつかの種類があり、組み込みタイプとか、情報家電向けとか、分散コンピューティング向けとか、用途に応じて細分化されているようですが、いまいち陰の存在となっているような感もあり、もう少しPR活動などを展開されてもよさそうな気もしていました。(そこそこの成果はあげているとは思いたいのですが)

でもって、今度の政府主導の開発も、なんとなくトロンとの関係も出てくるような気もしています。トロンは東大発みたいなもんですしね。
全く何も無い状態から、新規にOSを開発して行くのも大変でしょうから、トロンプロジェクトなどとも連携して行くような・・・。
まぁ、個人的推測なので、どうなるかは分かりませんが、そんな風に推測していくのも楽しいですよね。

遊猿
2006/05/03 16:36
遊猿さん、まいどです〜!
お久しぶりです!!
長らくコメントも残さず申し訳ないっす^^;。
このニュース、ホンマなんですかね??
政府のやる事だけに、まことに失礼ながら充てにならないような気も・・・^^;。
マイクロソフトのように「食っていく」必要があれば、あそこまで必死に取り組むでしょうけれど、以前の防衛庁のPC問題でもそうですが、所詮「血税」だけに、そこまで政府が必死に取り組んでくれるのか微妙な気もしなくもないのですが・・・^^;。

あまりひねくれた事を言っててはいけないのかもしれませんね・・・^^;
りっきー
URL
2006/05/03 23:30
りっきーさん、こんばんは!
お久し振りでんがな!(笑)

正式には、6月1日に発表される・・・といったことを、今日見たニュースには書かれてあったような気がします。
開発するかどうかも、その頃に分かるのではないでしょうかね?
また、開発されたとしても、一般への配布がなされるかどうかも、懸案事項のようでもあり、こちらとしても少々疑問に思っているところです。

但し、Winnyなどを介して官公庁などの機密情報も多く流出しているという経緯もあり、国としてもこのままにしておくと、国民から大きなクレームやバッシングを浴びることにもなるので、開発に関してはそれなりに本気だと思いますよ。
最悪、政府機関が使うサーバーやPCだけでも、新OSで運用という形になるかもしれませんけどね。
遊猿
2006/05/04 01:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Winny対策:政府が独自ソフト開発へ Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる