Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS 短い芝は日本に不利

<<   作成日時 : 2006/06/13 02:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

サッカーW杯、日本はオーストラリアに1−3で負けてしまいましたね。残念!

試合については、悔し過ぎるので、得点経過等細かいことは書きません。
ただ、気になったことがあったので、ひとつだけ・・・。

試合が始まる前、芝が刈られて短くなったことで、ボールの転がりも良くなるし、速いパス回しができる分、日本に有利と言われていたと思います。
しかし、実際に試合が始まってみれば、何も邪魔が無い所でひとりで足を滑らせて転んだり・・・。転ばないまでも、手を付いて体勢を悪くするような選手が日本側に目立ちました。

また、FWの柳沢や高原も、良い位置でパスを受けながらも、なんかバタバタして相手ゴールに迫れずに、やむなく付近にいた味方にパスを出すようなシーンも何度となくありました。
いつもなら、少々相手が邪魔をしていても、ゴール前に切れ込んでシュートを放つか、ファウルをもらうような場面のはずなのに・・・。

これらは結局、芝が短いから踏ん張りがきかず、思うように動けなかったからではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

オーストラリアの選手達は、体が大きい分、体重も重いから、足元がバタバタするような場面も、滑る場面も殆ど見られませんでしたが、体重の軽い日本の選手達は、しっかりと足で地を捉えることがしづらかったのでは・・・? という気がしてなりません。

実際、試合前半は、1点は挙げたもののオーストラリアに押され気味。後半に入ってからは、オーストラリア選手がバテた分、日本にも良い動きは見られるようにはなりましたが、それでも、速いパス回しをしていた場面はそんなに多くなく、カウンター攻撃によるチャンスの演出機会の方が圧倒的に多かったと思います。

パスを出す時、踏ん張る方の足が安定しないからミスパスも多く、よく相手にボールを奪われてもいましたね。
オーストラリアは、マンツーマンっぽいディフェンスをしていたと思いますが、ドイツの選手のように思い切り体当たりをしてきたり、ユニフォームを引っ張りまわしたりするような選手は少なく、滅茶苦茶大きなプレッシャーを受けていたとも思えないのに・・・。

足元が不安定だと、一直線に走るのは問題なくても、縦横斜めと変化に富んだ、日本らしい攻撃もしにくくなる。
そんな状態で試合を続けていると、体力的には全く問題ないはずなのに、足腰に疲労が蓄積し、ますます思い通りに動けなくなる・・・。

今日の試合は、ずっとそんな状態だったのではないかと思いながら観てました。
それでも一応、あと少しで勝利するところまで行っていたのは、地力の現れなのかもしれませんが・・・。如何せん、辛い敗北となってしまいました。(涙)


最後に、「細かいことは書かない」とは言ったものの、ひとことだけ。(^^;

同点に追いつかれた後や、逆転を許した後、日本の選手達は呆然とするばかりで、殆ど声を掛け合ったり、鼓舞し合ったりしていませんでしたよね。
ショックだったのは分かるけど、こういう時こそ声を掛け合いましょうよ!

元々、試合中でも声を出しながら微調整を行うことができるのが日本のチームの良いところだと思うし、そうやってきたからこそ今がある訳でしょう?

策士ヒディンク監督は、同点に追いついた後の日本の選手の表情を間違いなく見ていたと思います。
普通は得点を挙げたら、その選手がそれなりのパフォーマンスをするとともに、チームメイトも集まってきて抱き合ったり、ファンに向かってアピールしたりで、ちょっとした時間が経過してしまいますが、今日のオーストラリアの得点後のパフォーマンスは短めで、すぐに臨戦体勢を整えていたように見えましたからね。
これは、「今なら日本から追加点がとれる!」と確信していたからだと、勝手ながら推測しています。
(勿論、残り時間が少ないから・・・というのもあったでしょうが、逆転後のパフォーマンスも短めだったと思うので・・。)


◆悔しいので、本記事ではTBの受付けもしません。ご了承願います。(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あのロングスローからの失点は、どうも戴けませんでしたね。

その前のフリーキックセーブした当たりから嫌な感じしました。

確かにファインセーブかも知れませんが、その後が・・・

川口もDFラインも準備出来てませんでしたね。油断?

福西の表情が妙に印象に残ってます。残念・・・(T^T)
お気楽者
2006/06/13 15:10
お気楽者さん、こんにちは!

ファインセーブを連発していたことで、川口自身ちょっとした油断があったような気もしますね。
「今日の俺なら何でも止められる」みたいに・・・。

味方DFが2人ガッチリと付いてマークしていたにも関わらず、ペナルティエリアのギリギリの所までボールを追いかけていったのは、「ここも俺が!」みたいな気持ちがトッサに働いたからではないかと・・。
まぁ、勝手な推測ですが、キーパーとしての習性というには、あまりにも動いた(出ていった)距離が遠すぎるようにも思いますし。(^^;
遊猿
2006/06/13 15:45
川口だけのせいでもないしDFラインのミスと言うモノだけじゃないとも思うし責める気もないんですが。なんて言うか・・・ポッカリと安心?(?_?)エ?きたっ\(◎o◎)/!よ〜し・・・みたいな。一瞬、選手間の意志の疎通がなかった様に感じました。
お気楽者
2006/06/13 17:01
勿論、川口だけを責めていても仕方ないですよね。
それまでは、彼のお陰で何度も危機が救われていた訳ですしね。

とにかく、何度も言うように、点を取られた後の対応・対策が満足になされていなかったように見受けられたのが残念でなりません。
遊猿
2006/06/13 18:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
短い芝は日本に不利 Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる