Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS シャラポワの試合にハトが来る理由

<<   作成日時 : 2006/06/03 14:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

テニスの全仏オープンを夜な夜な見ているのですが、応援しているシャラポワちゃんとヒンギス姉さんが、ともに勝ち進んでくれているので、まずまず満足しているところです。

シャラポワちゃん、足の怪我もあって4月から全く試合に出場していなかったということが危惧されていましたが、実際フタをあけてみると、1回戦のワシントン選手との試合では、あと一歩の踏み込みができなかったり、相手にコートの端から端へと走らされるような攻撃を受けた際も、いつもなら長い脚を俊敏に動かしてボールに追いつくところを、途中で追うのを諦めたりする場面もあったりして、やはり調子はイマイチといった感じがしていました。

その試合は、1セット目は楽に奪えたものの、2セット目を接戦の末に落とし、3セット目もワシントンのペースで進み、2−5と絶体絶命のピンチに陥ってしまう訳ですが・・・。
そこから1ゲーム獲って、3−5になった後、ワシントンがマッチポイントを迎えた際に、コートの上に2羽のハトが舞い降りてきて、しばし中断。
その後、試合の流れも変わり、シャラポワが連続でゲームを奪い続け、7−5でかろうじて勝利した・・・といった内容の試合でした。

試合中のコート上にハトが舞い降りてくるというのも珍しいためか、翌日のニュースでも「シャラポワがハトに救われて勝利」といった感じの記事も目立ちました。

2回戦は、私はダイジェストでしか試合を見れなかったので、よく分かりませんが、昨日放送された3回戦では、シャラポワはオーストラリアのモリック選手と対戦しましたが、この試合でも時々観客席やコートの後ろの方などに、ハトがチョコチョコ動いている姿が映し出されていて、TV解説をしていた人(神尾米さん?)も、「シャラポワの試合になると、どうしてこんなにハトが来るのでしょう?」みたいなコメントをしていたりもしました。

会場の周囲では、スナック菓子やパンなども売られており、観客の多くがこれらを買って食べながら試合を観戦しているのでしょうから、食べカスを狙ってハトが集まってくる・・・という風に考えるのがノーマルな発想のような気もしますが・・・。
人がいなくなってから集まってくるならともかく、試合中にコートの中にまで降りてくるとなると、それだけが理由ではないような気がして、色々考えてみました。

そして、私が出した結論は、シャラポワちゃんがボールを打つ時の、あの奇声と言うか、大きな甲高い声がハトを呼び寄せているのではないかと・・・。(笑)

「あ゛〜!」とか「ぐぁぁ〜!」とか・・・? 文字で表現すると、どのように表記すればよいのか分からなくなるような、あの気合いのこもった奇声を聞いたハトは、「なんか変な鳥がいるぞ!」みたいに勘違いをして、興味津々でコートにやって来ているのではないかと・・・。(^^;

「だから何?」などと言われても、何も返す言葉はありません。別に、どうでもよいことなんですけどね。(笑)
そんな風に想像しながら試合を観ていくのも、なんとなく楽しいなぁ〜〜と。

シャラポワの、あの掛け声(奇声)を問題視する関係者もいるそうですが、ファンにとっては、あの奇声がたまらなく魅力でもあると思うのですけどね。
吐き捨てるような短い掛け声ではなく、時々「あぁ〜〜うぅ〜〜おぉ〜〜」みたいに(やっぱり文字では表現しにくい!)、長く伸びることがあり、オッチャンその声を聞くのが楽しみで楽しみで・・・♪(笑)


調整不十分ながらも、試合毎に動きも良くなってきているようにも見えるので、できることならこのまま勝ち上がってもらいたいです。
ヒンギスはかなり好調の様子なので、逆のゾーンからはヒンギスが勝ち上がってきて、決勝で2人が対戦してくれれば、個人的にはこれほどの贅沢はありません!

2人とも頑張ってねぇ〜!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
テニスの女王復活!!
こんにちは、マツケンです。今日はテニス・・・日本でも人気のある、テニス界の女神マリア・シャラポワ、とうとう3つのタイトルを取りました。・ウィン・・・・2004年・全米・・・・・2006年そして今年・全豪・・・・・2008年 本当におめでとう!残りは、全仏のタイトルだけです!でもこれはチョイ厳しいかも???何故かシャラポワは相性が悪い、確かベスト4が一回最高(2007年度)でした。一回戦、ベスト8敗退と苦手にしている気がします。今回の優勝はイワノビッチの若さ(シャラポワも20歳... ...続きを見る
続・・・マツケンの世界!!
2008/01/27 20:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ども、こんばんはです。遊猿さん。
そういや昔、モニカ・セレスの奇声も、問題視された事がありましたね。(私はあれを、「がっ、えっ!」と表記してました。笑)
別にいいと思うけどな〜。それだけ集中してるという証拠で、要は気魄の表れなんだし・・・何もワザと出して脅そうってワケじゃないんだから。セレスはあの奇声込みでセレス、シャラポワも同じじゃないでしょうかね。テニスは最近、あまり見ないんですけど。(苦笑)
ところでハトの来る理由、その推理はあり得るかもです。私はネコが呼べますで☆(ただし飼いネコ限定、笑)
まもる
2006/06/03 21:51
まもるさん、こんばんは!

セレスの声も大きかったですよね。シャラポワの場合、それを更に大きくしたような感じで、なかなか楽しいです。(笑)
テニスの場合、紳士淑女のスポーツといったイメージを維持させたいのか、以前はウェアの色も殆ど白ばかりでしたが、最近はカラフルになってきているし、試合中にラケットを叩きつけるような選手も増えてきたし・・・ということで、奇声についてもブツブツ言わないでもらいたいものですね。

呼べる呼べないは関係ないけど、私は先日大きなアクビをしていたら、口の中にハエが入ってきました。(爆)
遊猿
2006/06/04 01:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シャラポワの試合にハトが来る理由 Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる