Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストラリア、無念の敗退

<<   作成日時 : 2006/06/27 18:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

サッカーW杯、あまり日記にしていませんが、毎日・毎試合見ています。(^^;

個人的に、今大会で最も好きになったチームがオーストラリアでして・・・。
点を取られたら取り返す・・・みたいな、失点を物ともしないようなサッカーがお気に入りとなってしまった私でしたが、そのオーストラリアもイタリアに 0−1 で敗れて敗退してしまい、残念に思っています。

イタリアと言えば、「カテナチオ」と呼ばれる守備的陣形・戦術が有名でしたが、今大会では攻撃力もあるということで、イメージが変わったという印象を持っていた人も多かったと思いますが、それだけにオーストラリアにもチャンスはあると思っていたのですが・・・。

結局、守備の固さは相変わらず。そして、オーストラリアの守備も、「あれだけギリギリの状態で、よくマークできているなぁ・・・」と思えるほど鉄壁に近く、互いに無得点のままの状況が続き・・・。

ロスタイム3分も殆ど終わり、残り30秒前後のところで、PKを相手に与えてしまい、これが決まって敗退となってしまいました。

PKを取られたシーンも、ファウルをとられたニール選手は、確実にボールに向かってスライディングしていて、ボールを弾き飛ばして横たわっていたところに、イタリアのグロッソ選手が走り込んできて、ニールの体に当たって倒れたような形だったので、あれでPKを取られたら、もうどうにもならないよなぁ・・・といった感じでした。

この試合、互いに本当によく守っていて、一進一退でどちらが優勢なのかも分からないような状況が続いていただけに、こういう形で決着がついてしまったことが残念でなりません。

一方、その後に行われた、スイス−ウクライナ戦も、延長戦を終えても互いに点が獲れないまま、PK戦に・・・。
最初にウクライナの要とも言えるシェフチェンコがキーパーにセーブされた時には、それだけでスイスの勝利を確信した人も多かったと思いますが、結局スイスの選手達は1本もPKを決めることができず、あっさり敗退してしまいました。

この試合もまた、激しい攻防があって目を話せない展開となっていただけに、最後に意外にもあっさりと決まってしまったことが残念だったりします。
もっとも、延長戦に入る直前の選手の表情などを見ていると、スイスの選手達の方が疲労度が高そうだったので、PK戦では余力も残っていなかったのかもしれませんが・・・。

いずれにせよ、今日でベスト8が出揃いますね!
ブラジルとガーナの試合、一応ブラジルの勝利を予測している私ですが、そう簡単には行かないような気もしますし、スペインとフランスの試合も、強豪同士の対戦ということで、目が離せそうにありません。


昨日、誕生日を迎え、何年振りかで友人達に祝ってもらい、二日酔いが治まらない私ですが、なんとか頑張ってTV観戦したいと思います。(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イタリア、ヒディンクに雪辱
トッティの劇的“サヨナラ”PK弾!イタリア苦戦も豪州撃破 W杯第18日・決勝トーナメント1回戦(26日=日本時間27日、イタリア1−0オーストラリア、ドイツ・カイザースラウテルン)劇的“サヨナラ”PK勝ちだ! 4度目のW杯優勝を狙うイタリア代表は、日本代表.. ...続きを見る
zara's voice recorde...
2006/06/27 20:13
笑顔が消えた王子様
トッティがPKを決めた瞬間、真夜中の他に誰も居ない部屋で筆者は天に向かって大きく拳を上げた。 ...続きを見る
しっとう?岩田亜矢那
2006/06/28 00:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オーストラリア、無念の敗退 Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる