Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS トマト酢でグッスリ熟睡

<<   作成日時 : 2006/06/06 13:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

トマト酢に白桃果汁などを加えて飲みやすくした清涼飲料水「グッスミン」が、6日から全国発売されます。

メーカーはライオン社で、主に女性をターゲットとした商品となるようです。

ライオン薬品第1研究所によると、トマトを発酵させたトマト酢を寝る前に飲むと、睡眠が深くなる傾向があるということが判明したそうで、ストレスや身体の冷えのため、よく眠れないと感じる女性が多かったという自社の調査結果も踏まえ、血管拡張作用がある酢の中でも、リラックス効果があると言われる神経伝達物質「ガンマ・アミノ酪酸(GABA)」が多いトマト酢に注目して開発を行ったとのこと。

開発過程では、トマト酢を薄め、甘味料などを加えた飲料を、20〜40代の男女15人に飲んでもらったところ、手の指先の末梢(まっしょう)血管が拡張し、温度の上昇が見られたそうで、男女10人に、飲んだ後に数字の足し算を続けてもらう実験では、ストレスが多いと分泌される唾液(だえき)中の特定たんぱく質の量が、飲まない場合に比べて減った・・・ということです。

また、睡眠に不満がある女性9人に就寝1時間前に飲んでもらう実験では、睡眠初期の眠りの深さに比例する成長ホルモン分泌量が増え、アンケート調査でも満足度が向上したということです。

グッスミン」の成分は、
トマト酢:6,000mg、GABA:100mg、ビタミンB2:6mg、ビタミンB6:8mg、L−カルニチン:100mg、トマトリコピン:250マイクログラム
となっていて、1本50mLで250円となっているようです。

同社はまた、このトマト酢を利用したドリンクを、「グロンサン」シリーズとしても6日から発売するようで、その名は「グロンサン トマトの赤酢ドリンク」となっています。

グッスミン」と比べると、成分構成が少しだけ異なるようで(L−カルニチンが含まれていない代わりに、葛花エキスが含まれている)、値段の方も1本200円と、少しだけ安くなっているようです。


天然酢を使った飲料の市場は、近年拡大しているようなので、トマト酢もきっとブームになり、色んな商品が出てくるでしょうね。


ライオンは、ストレスの多い現代女性を対象として「健美創研」というブランドを立ち上げているようで、「グッスミン」はそのブランドの第1弾商品ともなるようです。

そして、この「健美創研」ブランドから、「グッスミン」と同時発売になるのが、「キュプルン」という商品となるようで、こちらはコラーゲンに、ポリフェノールの一種であるフラバンジェノールを配合した美肌飲料とのことです。

8人の女性を対象に行った飲用実験では、2週間で角質の水分量が上がり、肌の弾力も改善する傾向が見られたそうで・・・。女性にとっては、どちらも強い味方となるかもぉ〜♪


美肌とかは、オッチャンの場合はどうでもいいのですが・・・。(^^;
熟睡し易くなるのなら、「グッスミン」の方は試してみたいかなぁ・・・。これから、夜も寝苦しくなって行きますしねぇ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
トマト酢 グッスミン ☆不眠に効く☆
トマト酢 ☆Yahoo!ニュースでも紹介☆ ...続きを見る
&quot;グッスミン&quot; トマ...
2006/07/21 17:46
フラバンジェノール | 健康効果のある松ポリフェノール
フラバンジェノールは健康効果のある松ポリフェノールで、ビタミンCの約600倍の抗酸化力があります。 フラバンジェノールには「血液がサラサラになる」「活性酸素を除去する」「成人病を予防する」「美肌効果」などの健康効果が期待されていますが、まずはフラバンジェノールが何であるか知りましょう ...続きを見る
フラバンジェノール | 健康効果のある松...
2006/10/15 14:47
ギャバ?GABA?
最近、メンタルをサポートするサプリメントとしてギャバ(GABA)が話題になっておりますが・・・・・・ギャバは主に人間の脳内に、微量に存在する抑制性の神経伝達物質です。ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンなどは、それぞれの持つ役割を神経細胞の興奮を高める事... ...続きを見る
うつ病を克服し、ストレスフリーな生活を手...
2006/11/09 22:56
お酢 ドリンク
ドリンク酢とは飲むために作られた健康飲料です。お酢はお酒から作りますのでお酒を作れる原料からはお酢を作ることができます。原料により米酢、穀物酢、リンゴ酢、バナナ酢、プルーン酢、ワインビネガー、黒酢などいろいろな種類があり、味や香りも原料により異なります。... ...続きを見る
たーしの徒然なるままに
2007/07/24 11:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、飲料業界に以前よりひと言いいたかったんですが、様々なこう薬をうたった飲料があふれてますが、本当に効くのと疑いたくなってしまうんですが、公的に検査されてないのであれば、メーカーのやりたいほうだいだと思うんですよ、同じく、歯磨き粉も同じこと言えますね、栄養ドリンクなんか本当に効いてるのかわかんないんですが、そのへんどうなんでしょうか、悩んでいるこのごろです。
スポンジボブ
2006/06/07 14:20
スポンジボブさん、こんにちは!

成分表示に関しては、ゴマカシもできなくなってきているし、含有成分の効果についても、メーカーで一応は検証されているはずなので、その辺についてはほぼ大丈夫と思っています。
但し、効き目については、個人差があるのは間違いないですよね。
全然効かない人もいるかもしれないし、滅茶苦茶効き目があったという人もいると思います。
人間の体調も日々変わるので、「効き目があった」という人が同じ物を飲んでも、全然効かない日もあるとも思いますし・・。
また、「効く」と信じて飲むことで、より効果が出るような場合もあると思います。

ちなみに私の場合、ユンケルシリーズは何を飲んでも効き目抜群で、大変助かってます。(^^;
遊猿
2006/06/07 14:58
効能・効果をうたっている飲料水で完全に薬事法違反。さらにドラッグストアで睡眠改善薬と並んでおいています。医薬品であるかのように販売していてこれまた薬事法違反。厚生労働省の指導はどうなってるんですかね。何でもありの世の中?わかりません。
薬事法違反す
2006/07/16 02:27
清涼飲料水の場合は、薬事法というよりも、食品衛生法が関係してくるものと思いますが、効能や効果をうたって良いのかどうかは、私には分かりません。(^^;
但し、仰るように、医薬品・医薬部外品・清涼飲料水が、ドラッグストアなどで同じ棚に陳列されているのをよく見かけるのですが、これは何か問題があるような気がしています。
最近は、医師の処方箋が必要な物まで、マツキヨなどが販売していて問題にもなりましたし・・・。
また、医薬品・医薬部外品などの中には、アルコールも含まれているものもあるはずですが、こういう物も隔たりなく同じ棚の上で売られていてよいものかどうか・・・。
でも、厚労省などは、大きな問題にならない限りは動いてくれないっぽいし・・・。
(丁度昨日、パロマの湯沸し器の話題でも、経済産業省が事態を把握していながら放置していたことを話題にしたばかりでしたが。)
とにかく、おかしな世の中ですよねぇ〜
遊猿
2006/07/16 12:59
医師の資格のない人が医療行為をすると医師法違反。清涼飲料水の場合は食品衛生法が関係してくるものと思われがちですが、効能や効果をうたったりすると薬事法違反に該当します。よく新聞やテレビで健康食品が〇〇に効くといって摘発されたりしていますねぇ〜この手合いかも。なにか問題が起こらなかったら動かないってこの国の特徴かも。
薬事法違反す
2006/07/17 03:37
> 清涼飲料水の場合は食品衛生法が関係してくるものと思われがちですが、効能や効果をうたったりすると薬事法違反に該当します

そうでしたか。勉強になりました。

> なにか問題が起こらなかったら動かないってこの国の特徴かも。

しかも、小さな問題では絶対に動かない。
本当は大きな問題であっても、隠せる間は隠しつづけ、世間で大きく取り上げられるようになって初めて動く・・・。
なかなか素敵な国ですね。(^^;
遊猿
2006/07/17 13:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トマト酢でグッスリ熟睡 Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる