Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS 親と同居の30代が増加

<<   作成日時 : 2006/07/22 13:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

国立社会保障・人口問題研究所が発表した、2004年の世帯動態調査によると、1世帯当たりの規模は、2.8人と過去最低となるとともに、男女ともに親と同居する「パラサイトシングル」が増加していることが分かった・・・ということです。

調査は5年に1回行われているそうですが、今回は全国の1万711世帯から回答を得ての結果となっています。

年齢別で親と同居している割合を見ると、
(調査対象は、18〜39歳となっていますが、ここでは25歳以上のデータしか掲載しません)

・35〜39歳
  男性:33.4%(前回31.7%)、女性:19.8%(前回15.7%)
・30〜34歳
  男性:45.4%(前回39.0%)、女性:33.1%(前回22.9%)
・25〜29歳
  男性:64.0%(前回58.3%)、女性:56.1%(前回51.3%)

といった割合となっているようです。

同研究所は「晩婚化やパラサイトシングルが増えているのが要因と見られる。また、非正社員の増加など、いったん家を出ても経済的に苦しく、同居に戻ったケースも多いのでは」と分析しているそうです。

女性の場合、結婚を機に親元を離れて生活する人も多いため、これまでは30代では上記の数値も大幅に落ち込むとされていたらしく、実際前回調査時(99年)の30代前半の女性の親との同居率は22.9%、前々回(94年)は21.5%となっていたようですが、2004年では一気に10%以上も増えているようで・・・。

面白いのは、メディアによって、
・30代前半男性、45%が親と同居…晩婚化が影響(読売新聞)
・<世帯動態調査>35〜39歳の4人に1人が親と同居(毎日新聞)
・「親と同居」3分の1 30代前半女性(共同通信)
・親と住む30代前半女性急増=「パラサイトシングル」影響?−厚労省調査(時事通信)
・「親と同居」20代後半男性の64%(朝日新聞)
のように、注目している個所と言うか、記事の見出しの内容が微妙に異なっていることです。

20代後半の男性の64%が親と同居というのも、考えてみれば凄い数字のような気もしますが、やはりなんと言っても、30代の男女ともに(特に30代前半)、親との同居率が増えているのは、晩婚化や少子化にも直結しそうな問題のような気もして、妙な気分になってきます。

晩婚化が進むから、親との同居率が上昇するのか?
親との同居率が上昇しているから、晩婚化が進むのか?
卵が先か、鶏が先かといった感じにも思えてきますが・・・。(^^;

今の時代は、本当に何が起こるか分からないような状況にもなってきているので、女性の場合は結婚前に親元を離れて独り暮らしをするような人も減ってきているのかもしれませんねぇ。

でも、このまま晩婚化が進んで行くと、親が高齢の時に子供ができ、その子供が成人になる頃には、親は定年を迎えるような年齢になっていたり、ヨボヨボだったり、体を壊していたりするようなケースも増えてくるでしょうから・・・。
そうなると、その子供は、親の面倒をみながら生活して行かねばならないようになり・・・。そういう人が増えてくると、ますます親との同居率も上昇することになって行きそうな・・・そんな気もしますね。

実際、今の私がそんな感じだもんなぁ・・・。(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
格差の内と外
 今朝、海外から帰ってきた。  皆様には大変迷惑をお掛けしたと思います。特に、「ビジネス業界と学会に『妖怪』が現れた(1)(2)」の長文の分かり難さを提示したまま、出張をしてしまったことをお許しください。この件に関したは、追って徐々に、社会の格差、大企業連携が作る格差、中小零細企業の連携による経済格差への抵抗、大学というエセ研究機関での利権の横暴、若手研究者の実態と提携することによる旧体制への抵抗、・・を解説することになると思います。週刊誌的曝露をこのブログで行うつもりはありません。ですから、丁... ...続きを見る
関係性
2006/08/06 22:41
『不平等社会日本』佐藤俊樹著/『下流社会』三浦展著/『パラサイト・シングルの時代』山田昌弘
『不平等社会日本』佐藤俊樹著(2000年)を読んだ。 著者はちょうど僕と同じ世代で、僕が漠然といだいていた戦時中と戦後すぐのいわゆる団塊の世代への言葉にできない苛立ちをSSM調査の数値の解析で解き明かしてくれた。 知識エリートが再生産される仕組みを少々素人には眠たくなるデータの解析で説明してくれる。 ...続きを見る
NAGISA TAXI
2006/11/05 04:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございました。

青年層をとりまく雇用事情の悪さがこの記事の背景にあると思っています。
今後とも宜しくお願いします。
これお・ぷてら
URL
2006/07/22 17:46
コメントありがとうございます。

雇用事情も、青少年の意識そのものも、家庭を取りまく環境も・・・色んな要素が絡み合っている気がしますね。
日本の経済を根底から支えているのは、中小零細企業だと思っているのですが、現状では一部の大企業+アルファだけが業績回復しているだけで、裾野の企業はまだまだ苦しんでいる状態だと思います。
パートやアルバイトなどの雇用条件も厳しいばかりか、今後は正規の社員ですら雇用保険料がアップするかもしれないという状況でもあり、また、生活保護を受けるための条件までも厳しくなるかもしれないし、消費税アップも確実・・・etc。
なんてことになると、ますます厳しくなってくるような気もしています。

こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します。
遊猿
2006/07/22 18:42
 「経済格差」はその子どもにまで連鎖し、親としてできることは、唯一、同居です。
 小さく家族で縮んでいないと生き残れないworking poor が増えているのでは?
morichan
URL
2006/07/25 11:51
morichanさん、こんにちは!

その子供も、若い間はまだ良いとは思うのですが、30代の子供の親との同居が増えてきているというのは、仰る通り”Working Poor”といった層も確実に増えていると言えるのでしょうね。
勿論、弱ってきた親の面倒をみるための同居や、経験を積んだり地力をつけた上でのUターン転職等によるものもあるでしょうが・・。経済的に苦しくなって実家に戻っている人も、着実に増えていることでしょう。
遊猿
2006/07/25 12:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
親と同居の30代が増加 Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる