Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏バテ防止にシジミを・・・

<<   作成日時 : 2006/07/25 16:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

長雨の影響もあり、ここ数日そんなに暑くもなく、過ごし易い日が続いているのですが、どうも私は一足早く夏バテしてしまったようで、昨日は日記の更新をさぼってしまいました。(笑)

我が家周辺では、昨日ようやく雨もあがりましたが、途端にアブラゼミの鳴き声が聞こえ始め・・・。梅雨明けもせず、暑さも厳しくないものの、なんとなく「夏が来た!」といった気持ちにさせてくれます。

おまけに、数日前から、私が最も苦手としている大きな蜘蛛まで寝室に出てきやがって・・・。(^^;
コイツを追い払うのに四苦八苦していて、随分と睡眠時間を削ってしまったことも、私の夏バテの原因のような気もしているのですが、余程居心地が良いのか(へっぴり腰での私の追い払い方が悪いのでしょうが)、未だに部屋から出ていってくれていないため、ちと困っています。(笑)

さて、シジミですが・・・。シジミは昔から「体に良い」とされてきており、特に私のような酒飲みにとっては、「肝臓に良い」ということでも有名で、二日酔いの時などにシジミの味噌汁を飲まれている方も結構いらっしゃることと思います。

ところが、このシジミちゃん、非常に優れた万能薬ともなり得るということは、あまり知られていないような気もしますが、「本草綱目」という中国の薬学書では、シジミについて「暴熱を去り、目を明にして、小便を利し、熱気・脚気・湿気を下し、酒毒・日黄を解す。」というような記載もされていたり、日本においても、江戸時代の百科全書「和漢三才図絵」(日本最古の百科事典とも言われている)などで、黄疸や飲酒による中毒症状の緩和や、病中病後の栄養補給等にシジミが良いというような記述も見られるなど、その効果効能については古くから示されてきているようです。

シジミの旬は夏と冬で、夏に獲れるシジミを「土用シジミ」、冬に獲れるシジミを「寒シジミ」と呼んだりもしますが、「土用シジミは腹薬」といった言葉もあるように、夏バテ等で弱った体に栄養を補給するために、昔の人もこの時期よくシジミを食していたようでもあります。

シジミには、アミノ酸が多く含まれており、特に「必須アミノ酸」と言われ、人間が必要とするものの、体内で合成することができないため、食べ物から摂取しなければならない9種類のアミノ酸がバランス良く含まれているため、まずそれだけでも体に良いということが分かると思います。

これらのアミノ酸は、血液中のヘモグロビンの形成を行ったり、筋肉の消耗を防ぐものや、肝臓脂肪の蓄積を予防する働きを助けるものや、コラーゲンの材料となるもの、成長ホルモンの分泌を刺激するもの、脳の神経伝達物質取り込みに重要な役割を果たすもの、学習・記憶・注意力を向上させるもの、抗酸化物質のレベルを上げるなどして、血中コレステロールを下げたり、肝臓や腎臓の組織の再生を助けるもの・・・etc、様々な役割を果たすものが含まれているのです。

さらには、カルシウム(骨や歯の成長を促進等)、マグネシウム(悪玉コレストロールと中性脂肪を低下させる他)、カリウム(マグネシウムなどと連動し、心臓のリズムを整える等)、鉄分(貧血防止他)、亜鉛(たんぱく質の合成等)など、ミネラルも豊富に含まれています。

また、ビタミンB群(特にB12など)も多く含まれており、これも上記ミネラル群と協力し合って、貧血予防や肝臓機能の再生・回復などに相乗効果を及ぼしてくれるらしいです。

最近、リポビタンDやチオビタドリンク他の栄養補給ドリンクには、「タウリン」という、これまたアミノ酸の一種が含まれるようになってきましたが、この「タウリン」が多く含まれていることでも、シジミは注目されているようです。

「タウリン」は、肝臓には欠かせない物質でもあり、肝臓の大きな役割でもある、胆汁の生成を助けたり、肝細胞の再生に寄与したり、肝臓の解毒作用を活性化したり、血中コレステロール値を低下させたりする働きがあり、これらの活動の中で、動脈硬化や高血圧の予防や、脳卒中や心臓病などの予防も期待できる・・・そんな成分のようです。


夏ナテ防止と言えば、「土用の丑の日」に食べるウナギも有名ですが、シジミもウナギと比べて遜色ないくらいのビタミン・ミネラル群が含まれており、かつ上記のようなことを考えると、総合的な栄養価としては、ウナギよりも上かもしれませんね。
ちなみに、ビタミンB12は、豚レバーの約80%程度、カルシウムなどは、牛乳の3倍も含んでいるようですし・・・。


シジミの旨味成分は、「コハク酸」などが作り出しているそうですが、面白いのは、シジミ汁などをより美味しく食するには、砂出しした後のシジミを一度冷凍保存しておく方が良い・・・ということ。
これにより、煮込む時に旨味成分が汁に溶け易くなり、より美味しい味わいになるのだそうです。


何故このような記事を書いたかと申しますと・・・。
まず第一に、私がシジミ汁が好きだからということ。(笑)
第二に、現在夏バテ気味だったから。(^^;
第三に、23日の「土用の丑の日」に近所のスーパーに買い物に行った際、ウナギと並んで、やたらとシジミが売られていたため、祖母が昔「夏はウナギもいいけど、シジミを食べなさい」と言っていたのを思い出したこと。同時に、そのスーパーでシジミの炊き込み御飯を試食して美味しかったこと。
第四に、親戚がお中元で宍道湖のシジミを沢山贈ってきてくれたから。

そんなこんなで、ここ数日の私の頭の中は、シジミと蜘蛛のことでいっぱいなのでした。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
簡単ダイエット情報★夏バテ防止
TB失礼します。ダイエットを簡単にするための情報を発信しています。今回は夏バテについての情報をお届けします。あなたのダイエットのお役に立てば嬉しいです♪ ...続きを見る
簡単ダイエット情報〜ちょっと非常識な 簡...
2007/05/27 22:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夏バテ防止にシジミを・・・ Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる