Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS 近くのプールは大丈夫?

<<   作成日時 : 2006/08/06 16:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

埼玉県ふじみ野市の市営プールでの小2女児死亡事故を受けて、小坂文科相が都道府県教育委員会に対し、プールの安全管理について再度徹底するよう通知したり、国交省が全国の公園プールの一斉調査の方針を決めるなど、全国各地のプール施設の点検が行われているようですね。

そして、学校のプールや公共のプールも、意外なほどに多くのプールに不備が見つかっているようで、一部のプールは営業を停止していたりする所もあるようです。

ふじみ野市のプールでの死亡事故も、当初は吸水口のフタが1枚はずれていたことや、そのフタはボルトで留めていなければならなかったのに、針金で留めていたことなどが問題視されていましたが、その後の調べにより、管理業者はプールの監視員の「資格調査書」を提出せずに営業していたことが分かったり、営業中に現場の責任者が不在の時もあったり、今年の7月15日にプールの営業を開始して以降、全く吸水口の点検をしていなかったことも判明したり(管理マニュアルでは毎日点検するよう指示されている)、プール監視員の募集や講習なども、下請け業者に丸投げしていたことも分かったり・・・。

また、2000年に同プールを管理していた業者が、吸水口の事故防止用のふたにビスがないのに気付き、合併前の大井町に報告していたにも関わらず、主だった対策をとっていなかったという可能性もあるとか・・・。

さらには、4年前、厚生労働省の通知に基づいて県が吸水口のふたを固定するなどの安全対策を各市町村に求めたものの、当時(合併前)の大井町が対応を怠っていて、管理を受託した業者には知らせていなかったということも分かったり・・・。

もう、ここまでくると、事故ではなく「人災」と言ってもいいでしょうね。

4日の時点では、吸い込み防止用の金具が無かったプールは、全国で432施設もあり、また、フタの固定が不十分だったプールは、全国で135施設もあるようで・・・。
(この中には、排水口がプールの底にあり、金具が無くてもフタがはずれるような可能性は極めて少ないようなプールもあるらしいですが・・・。)

いずれにしても、事故が起きてから何らかの対策を投じるようでは遅いということだけは言えると思います。

フタを留めるためのボルトなどがはずれていて、針金で留めているようなケースも結構あるようですが・・・。こういう話を聞いていると、パロマの瞬間湯沸し器の事故のことを連想してしまうのは私だけでしょうか?

危険があるから作動していたはずの安全装置を不正改造し、頻繁に安全装置が作動しないようにしていた結果、死亡事故例も多くなっていた訳で・・・。

応急措置的な対応で、現場の人間ほか、一部の人間の独断などで対応していると、場合によっては、とんでもない結果を招くことになる・・・。そんな感じではないかと思う次第です。

そして、プールでは瑛梨香ちゃんが犠牲になってしまった。

以前は、某自動車メーカーが、部品に欠損があるのを知っていながら隠していた結果、何件かの死亡事故が発生したようなこともありましたが・・・。誰かが死んだり、大きな事故が起きてからでないと、業者というものは動いてくれないのでしょうかね?

隠したり、一時的な応急措置でごまかしたりしても、しばらくは何事も無かったかのごとく、自社にとってのリスクも低く済ませることができるかもしれませんが、もしもその結果大きな事故が発生したなら、業者側にとっては大きな損失にも、信用失墜にもなるということを、気付いていないはずもないとも思うのですけどねぇ・・・。

「今を、どう切り抜けるか」とか、「如何に無駄な出費を抑えるか」といったことばかり優先して考えて横着な対応をしていると、後々大きなシッペ返しを受けることになりまっせ〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プール吸水口トラブル 32府県500カ所
プール吸水口トラブル不備32府県500カ所 群馬県伊勢崎市の市営「境プール」の流水プールで7月下旬、小6男児2人が吸水口に吸い付けられて動けなくなる事故が発生していたことが5日、分かった。監視員が吸水ポンプの電源を切り救出したが、男児らは腹や太ももに軽いけが.. ...続きを見る
zara's voice recorde...
2006/08/06 21:40
針金でなく吸水口の問題だ
livedoor ニュース:[プール事故]ずさんな安全管理が次々と明らかに ふじみ野市のプール事故の報道に接し、ずさん管理ばかりが批判されている。しかし、真犯人はどう見ても、あの大きな吸水口だ。 ...続きを見る
佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
2006/08/07 09:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんと!!こういう事件怖い
ですよね!!いつ、どこで何が
起こるかなんて、
誰にもわからないしぃ・・・
あ〜〜〜〜!
もう馬路怖いYO(TAT)
あきもく
2006/08/06 20:41
あきもくさん、コメントありがとうございます。

怖いですよね。プールでも車でも電化製品などでも、利用する側は当たり前のように、普通に利用することが多いと思うのですが、自分が気付かない所に欠陥があるなどして、しかもそれが原因で命を落としてしまうことになるかもしれないとなれば、怖くてたまりません。
学生時代、プールにもよく行きましたが、吸排水口の側は水の流れを感じることができて面白く、付近でよく遊んでいたことを思い出しましたが・・・もしかして、やばかったのかなぁ〜(^^;
遊猿
2006/08/07 01:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
近くのプールは大丈夫? Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる