Vivid Association

アクセスカウンタ

zoom RSS みんテニ日記

<<   作成日時 : 2006/09/30 18:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日記事にしました「みんなのテニス」ですが、相変わらず頑張って遊んでいます。

記事を書いた直後に、「ワールドランク」をクリアすると、エンディングロールが流れ始め、「あれっ?」と思ったのですが、その後「スペシャルランク」が出てきて、いよいよ黒いコスチュームを着たキャラ達との対戦が始まりました。

段位の方は「伯爵」(一瞬だけだったようなので、見間違いかも?)になり、その後すぐに「王子」となりました。

まずは、初級キャラのエレノアと対戦。この時点で対戦相手の選択肢は、エレノアしかなく、1人ずつ対戦して撃破して行くにつれて、次のキャラとの対戦ができるようになっている模様です。

初級キャラと言いながら、スペシャルランクだけあって、隙が少なくて大苦戦。
1回目の対戦では、「1-6」で敗戦。2回目は「0-6」、3回目は「1-6」、4回目も「1-6」で敗戦。
こちらのキャラもエレノアを選択して戦っていたのですが、どうしても勝つことができず、「やっぱり私には無理なのか?」などと諦めかけていたのですが、「どうせやめるなら、この時点で自キャラとして選択可能なキャラを一通り使ってみてからにしよう」と思い直し(この時点で、自キャラとして使用可能なのは、初級キャラのエレノア・ユウキ・ジュン・JJの4人)、ユウキを使用して挑むも「0-6」で完敗。

続いて、ネットプレーが得意のジュンを使用して対戦してみたところ「4-6」で敗戦。足の速いJJを使用したところ「2-6」で敗戦。(泣)

結局どのキャラを使用しても勝てなかったのですが、一番接戦に持ち込むことができたジュンを使い、積極的にジュンが得意とするネットプレーに出るようにして挑み直したところ、かろうじて「7-6」で勝利することができました。(^^;

次の対戦相手はユウキでしたが、こちらは同じくジュンを使って挑んだところ、これまでの苦労がウソのように、一度目の対戦で「6-3」で勝利することができました。

ワールドランクをクリアするまでは、自分からネットプレーに出ることは殆ど無かったのですが、スペシャルランクでは、ベースラインに立って左右にボールを散らしているだけでは絶対にダメということもよく分かりました。(^^;

しかし、次の対戦相手は、そのネットプレーが得意なジュンとあって、またまた大苦戦。
こちらもジュンを使って挑んでいたのですが、互いにネットを挟んでのボレー合戦のような形となることが多く、ポン・ポン・ポン・ポン・ポン・ポーン! と、至近距離でボールを弾き返した挙句、いつも最後は相手に決められてしまうような形となり・・・(COMは絶対にと言っていいほどネットプレーでミスをしないっぽいです)。

自キャラを前後・左右・斜めに動かすために、コントローラーの左スティックを操作している左手の親指に力が入り、親指の腹が腫れ上がるほどまでに頑張りましたが、6度対戦しても勝てず、7度目の対戦にて、ようやく、これまたかろうじて「7-6」で勝利。(^^;

次の相手はJJで、これに勝てば、黒の初級キャラをクリアできるのですが、親指が痛いので休憩中・・・。(笑)

JJとの対戦は、アマチュアランクの時も苦労したので、もうダメかもしれませんが、その頃に比べると、ネットプレー他、私も若干のテクニックを身に付けたので、どうにかなるかなぁ・・・などと思いつつ・・・。

まぁ、この先どうなろうとも、久々にコントローラーを強く握りしめ、自分の体をくねらせながら熱中できるゲームで遊べたことには感謝しておきましょうかね。(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
みんテニ日記 Vivid Association/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる