異常気象レポート2005

気象庁が28日に、世界と日本の長期的な気候変動や異常気象の予測と分析をまとめた「異常気象レポート2005」を発表し、サイト内で公開しています。

約5年ごとに発表されているレポートのようですが、今回は「異常気象」「地球温暖化」「地球環境問題などにかかわるそのほかの諸現象」という3章構成になっており、興味深い分析も多いです。

気象庁サイト
現時点で、トップページ右上に、”「異常気象レポート2005」の公表について”という文字リンクがありますので、ご興味おありの方はご覧になってみてください。

転載・転記はNGだと思うので詳しくは書きませんが、概ね想像した通り、100年後には最高気温が30度を越す日が増え、最低気温が0度を下回る日は減り、平均気温も2~3度高くなり、雨量は増え(大雨の機会も増え)、海面水位も15~16cm増え・・・などなど、予測されています。
温暖化の影響を受けて、日本もますます高温多湿になって行くということですね。

しかし、100年後の気温上昇が、2~3度というのはどうなのかな~?
平均気温となると、こんなもんなのですかね?
個人的には、最近の5~10年で3度ぐらい気温が上がっているような気もしたりして・・・(^^;
だって、夏は扇風機で充分過ごせていたのに、エアコンが無ければ暑くて過ごせなくなってきたし、冬にしても、数年前までは外出時にはコートを着て出ていたものですが、最近全く着なくなったし・・・。
などと、自分の生活に照らし合わせて考えてみると、もっと短いサイクルで気温が上昇しても不思議ではないような気もします。

まぁ、上記はあくまでも予測データであり、過激な予測をして国民を混乱させてもいけないという思いのようなものもあったのかもしれませんし、毎年確実に上昇して行くとは限らず、年によっては冷夏・厳冬のようになる年もあるかもしれないので、無難なデータになっているのかもしれませんが。。。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0


この記事へのトラックバック

ついに,再保険料値上げか?
Excerpt: 国際再保険料率の協議が行われ、2006年は3年ぶりに上昇する見通しとなった。 世
Weblog: 防災:明日は我が身
Tracked: 2005-10-30 23:08

■『異常気象レポート2005』を読んでみた、ただそれだけ。
Excerpt: 百年後は2-3度上昇 温暖化で、気象庁リポート http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051028-00000090-kyodo-soci  気象庁は28日..
Weblog: (´・ω・`)ブログですがな……
Tracked: 2005-10-31 01:23

亜熱帯地域日本
Excerpt: 日本周辺で大雨増加、地球温暖化の影響初めて確認 気象庁は28日、5年ごとに出す異常気象レポートを公表した。日本を含む東アジアの広い範囲で大雨が増加傾向にあり、今後も増加すると予測。これまで慎重な見方..
Weblog: OK!次に進もうぜぇ♪
Tracked: 2005-10-31 01:56

異常気象レポート2005
Excerpt: 気象庁> 気象統計情報 > 地球環境・気候 > 異常気象レポート 気象庁では、国内外の長期間の気候状態などに関する観測・監視結果や最新の予測結果などを総合的に解析して、昭和49..
Weblog: 環境、防災研究所
Tracked: 2005-11-01 01:19

地球温暖化の影響は?
Excerpt:
Weblog: 地球温暖化につて考える
Tracked: 2008-02-11 03:33