鳥インフルエンザ、不適切検査多し

鳥インフルエンザの検査は、国の指針では、県側の家畜防疫員による試料採取を求めているにも関わらず、茨城県では14の養鶏場では、県側の家畜防疫員が立ち会わず、農場側の家畜防疫員らが試料を採取していたということです。

業者任せにした結果、いずれも「感染歴なし」という結果が報告されたものの、県による再検査を行ったところ、1箇所の養鶏場のニワトリから感染を示す抗体陽性反応が確認されたということで、県側は陳謝しています。

茨城県では、「つくばファーム」や「イセファーム涸沼農場」などにて、8月末に約26万羽のニワトリが殺処分されたばかりというのに、危機管理意識の薄さには驚かされます。

更に、この問題に関連して、茨城県以外でも”少なくとも”全国7県の計20の養鶏場で、同様の不適切な検査が行われていたたことが、農水省の調査でわかった・・・ということです。

鳥インフルエンザに関しては、以前も当ブログでは「新型ウイルス(インフルエンザ)の恐怖」というタイトルにて記事にしましたように、毒性の高い「H5N1」型のウィルスが世界規模で着実に拡散しつつある状況です。

日本近隣の中国やベトナムなどでは、ここ数日だけでも数千羽の鳥が感染して死んでいたりもします。
米国でも、先頃ブッシュ大統領が、国家戦略の一環として、鳥インフルエンザ及び、今後予測される新型ウィルスへの対策として、71億ドルもの緊急支出を議会に要請するなどしています。

10月31日には、オーストラリアにて、APEC参加国・地域の会議が行われ、日本をはじめ21カ国・地域の代表が参加するなどして、鳥インフルエンザについて協議をしたり、日本国内でも、厚生労働省が「新型インフルエンザ対策推進本部」を設置したり、10月24日にはカナダにて、世界30カ国の厚生、保健担当相や国際機関の専門家らが抑止策を協議する閣僚級の会合が開催されるなどしています。

危機感は高まるばかりで、人から人へ感染する殺傷性の高いウィルスが、いつ発生しても不思議ではないと、各国や国連などが考えている中、上記のようなズサンな検査などは断じて行ってほしくないです!

発生してから対策を投じていたら、あっという間に多くの人々が死んでしまうからということで、色んな会議が開催されたり、多くの研究機関や団体が努力しているというのに・・・。

鳥インフルエンザの発展型として、新型インフルエンザが発生する可能性が極めて高いとされる中、もしも本当にそのような事態に陥ってしまったなら、我々人間は、もう鳥肉を食べれなくなってしまうかもしれない。
そうなると、養鶏場の経営者も経営が成り立たずに、職を変えざるを得なくなってしまうかもしれない訳ですから、ちゃんとした検査をしましょうよ! いや、してくださいよ!

私も、まだまだ鳥肉を食べたいですよ~!! 大好物の鳥のカラアゲや手羽先が食べられなくなってしまったら、どうしよう。。。(^^;
鳥ガラで出汁を取る機会の多い中華料理なども、味付けが変わってしまったらどうしよう。。。

「そんな大袈裟な!」などと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には相当深刻な事態に直面していると思ってます。
だって、動きの鈍い日本の政府ですら、対策推進本部を設置したぐらいですから。(これは嫌味過ぎるか・・・?)

◆当ブログ内関連記事
新型ウイルス(インフルエンザ)の恐怖
厚生労働省が新型インフルエンザ行動計画
鳥インフルエンザ対策で国際協調を(APEC)
鳥インフルエンザ、現在の感染状況
鳥インフルエンザ関連

この記事へのコメント

  • uhauhookwww

    TBありがとうございます。
    去年の某農場の恐怖が^^;

    ワクチンの原料が鶏の卵、というブラックジョーク。
    流行は避けられないと思いますが、最善を尽くして欲しいです。



    2005年11月06日 16:39
  • 遊猿

    uhauhookwwwさん、コメントありがとうございます。

    > 去年の某農場の恐怖が^^;

    今年は新型ウィルスへの懸念もあり、もっと大変な事態になるかもしれないので怖いですよねぇ。

    現時点では東南アジアが最も被害が多いような気がしますが、確実に欧州方面にも広がっているし、欧米の人ほど肉をよく食べるような気もするので、新型ウィルスも、どこで発生しても不思議ではない状況かと思います。
    防げるものなら、未然に防いでほしいですね。
    それがダメでも、最善の努力はしてほしいと思いますが、どうも日本は各国の動きに対して、若干遅れているような気がしてなりません。
    2005年11月06日 18:35
  • TBお礼!

    たしより軍団NPOです。記事拝見しました。私共には、浅く広くの情報のみ得られますが、詳細な記事を拝見し、有り難くお礼申し上げます。今後ともご指導賜りますよう、お願いいたします。

        青少年厚生文化事業団拝
    2005年11月08日 09:34
  • 遊猿

    たしより軍団NPO様、コメントありがとうございます。

    「詳細な記事」などと言われますと、尻込みしてしまいそうで・・・恐縮です。
    ごく普通の個人のブログではありますが、伝えたい事や訴えたい事などを自由に書くことができるのも、ブログの良いところだと思っておりますので、できるだけ自分なりに情報を消化して、色んな思いを書いていけたらと考えております。
    2005年11月08日 14:41
  • al

    タミフルの悪影響も多く報道されていますが、その原因はインフルエンザによる脳症とも言われる説もあるので、鳥インフルエンザの拡大をオサエルためにもタミフルが役立つといいと思います。。。
    2007年03月30日 08:29

この記事へのトラックバック

鳥インフルエンザでニワトリ9千羽死ぬ 中国遼寧省
Excerpt: 鳥インフルエンザでニワトリ9千羽死ぬ 中国遼寧省  中国農業省は4日、遼寧省錦州市の農村で、鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染してニワトリ8940羽が死んだと発表した。中国では10月下..
Weblog: zaraの当方見聞録
Tracked: 2005-11-05 18:33

国内でやっと新型インフルエンザ対策推進本部設置
Excerpt: 10月28日、厚生労働省は新型インフルエンザの出現に備えた対策推進本部(本部長・尾辻厚労相)を設置したのですが、世界中で騒がれていた中で遅かったと思います。 従来の鳥インフルエンザ対策関係省庁会議に..
Weblog: One And Only
Tracked: 2005-11-06 02:06

う~ん、軽く受け止めていたな~新型インフルエンザ
Excerpt: 新型インフルエンザって新しいインフルエンザなんだなーって軽く受け止めていましたが、けっこう重い! なんでも、人の間で過去に流行したことがないウイルスによるインフルエンザで、ほとんどの人が免疫を持たな..
Weblog: 今日知ったこと 今日わかったこと(^o^)
Tracked: 2005-11-06 11:33

鳥フル、豚からもウイルス確認:湖南省/制圧困難:遼寧省
Excerpt: 今日病院いってきた。 「フツーの風邪」が流行ってるそうでフツーの薬もらいました。 -------------------------------------------------------..
Weblog: 作った(´・ω・`)
Tracked: 2005-11-13 21:05

今日の鳥フル・湖北省で発生、遼寧省で偽ワクチン使用で被害拡大?他
Excerpt: 鳥フル関係大杉('A`) まずはさらっと。 ■読売に『基礎からわかる鳥インフルエンザ』連載中 http://www.yomiuri.co.jp/iryou/feature/ ■日経..
Weblog: 作った(´・ω・`)
Tracked: 2005-11-13 21:06

インフルエンザがはやってますね
Excerpt: 例年のことですが、インフルエンザがはやっていますね。去年は私は予防接種をしたのに、2月の中頃に見事にインフルエンザにかかってしまいました。就職活動中だったので、とても大変だったのを覚えてます。今年はピ..
Weblog: K-yan'sMIDIRoom別館
Tracked: 2006-02-18 13:40