北朝鮮がミサイル発射

北朝鮮が、5日の3時半過ぎから断続的に6発のミサイルを発射。いずれも、ロシア沿海州南方の日本海に落下したようですが、3発目のミサイルが「テポドン2号」、その他は「ノドン」と「スカッド」だったということです。

日米をはじめ、関係各国からの警告を無視する形での発射となりましたが、その目的は何だったのでしょう?
ハドリー米大統領補佐官は、核問題の焦点をイランから奪うことが目的だった可能性があるという見解も示しているようですが・・・。果たして本当にそうなのか?

韓国では、発射されたミサイルの数は10発だったとされているようですが、この数字の違いも少し気になりますね。

1発目のミサイルが発射された時間は、米国NASAの「ディスカバリー」が打ち上げられた時間と殆ど同じだったというのも、妙に気になったり・・・。

日本政府は、これを受けて、02年9月の「日朝平壌宣言」に違反し、日本の平和と安全を侵す恐れがあると判断。
早速、特定船舶入港禁止法を発動し、万景峰号の入港を半年間禁止することを決めた他、改正外為法による送金停止も検討する方向にあるようです。


北朝鮮も、やましいことをしていないという認識があるのなら、事前に発射の目的を公表するようにすれば、大きな騒動にならなくて済むと思うのですが、いつも突然発射してくるからねぇ・・・。

また、日本政府も、何らかの制裁措置をとって、あとは様子を見るという対応ばかりでは、いつまで経っても同様の問題は繰り返されることになると思うのですが、いかがなものでしょう?

北朝鮮のことを、「理解できない国」とか「世界を脅かす国」みたいな感じで敬遠、及び警戒しつつ、何か問題を起こしたら、上っ面だけを突付いて一時的に行動を鈍らせるだけのような対応では、絶対に何も変わらないと思うのですが・・・。

なかなか難しいこととは思うのですが、少しずつでも、そして米国の協力を得なくても、一歩踏み込んだ対話をして行くようにして行ってもらいたいものです。

この記事へのコメント

  • RYU

    TBありがとうございます。

    北朝鮮のミサイル試写はイラつきはしますが、どうも軍事カードというよりは、北は駆け引きのゲーム戦と考えているような気がします。

    考えてみたら、あちらには中国頼みで外交ルートはないわけで、ミサイルが唯一の意思表示になっているのではないでしょうか。

    平和目的の外交解決が望ましいですし、こういう話を煙たがる風潮を改めて、日本はもうちょい世界の流れに敏感になった方がいいと思います。

    また、覗かせていただきます。
    2006年07月09日 15:47
  • 遊猿

    RYUさん、コメント&TBありがとうございます。

    私もほぼ同感です。とにかく北は、日米に対して何らかのプレッシャーを与えるなりして動きを牽制しておきたいのでしょう。
    米国の独立記念日&ディスカバリー打ち上げの日に、ミサイル連射したのも、ちょっとしたアピールになると思ってのことだったのかもしれません。
    ましてや、その少し前には小泉首相がブッシュ大統領と仲良くしていたりもしましたし。(プレスリーを踊ったりして)

    制裁も、なんとなく、殆ど意味がないような気もしますよね。それどころか、相手をますます感情的にしてしまうだけのような・・。
    北の主張も身勝手過ぎるし、話し合ってもすぐには解決できないとも思うのですが、だからといって、すぐに制裁というのも、なんだか・・・(^^;
    アジア外交(特に東アジア諸国との)も上手く行かないまま。ポスト小泉政権になっても、この辺の動きはあまり変わらないような気もしますし・・・。
    近隣でありながら、なんとも寂しい話ですよね。

    2006年07月10日 03:53