みんテニ日記:ムカツキ編

「みんなのテニス」、まだやっているのですが・・・。(^^;

前回の日記では、「スペシャルランク」にて、ジュンを破ったところまで進んだものの、その後は左手親指が痛くなって中断・・・とまで記していましたが、その日の夜から再開し、まずは足の速いベースラインプレーヤーでもあるJJと対戦。

「アマチュアランク」の頃の対戦時にも苦戦した相手だったので、今回も相当苦労させられると思っていたのですが、フタを開けてみれば意外にあっさりと、一度目の対戦で「6-3」で勝利することができました。(こちらは、ジュンを使用して挑みました。)

ベースラインプレーヤーだけあって、前後へのゆさぶりが効果的で、そういう攻撃もここにきて出来るようになった私には、敵ではありませんでした。(笑)

これで、初級キャラ全員に勝利したこととなり、次の対戦は、中級キャラのスズキ
ここで私も中級キャラを使用することができるようになり、キャロルグロリアといった、自分にとっては使い勝手の良いキャラが使えるとあって、思わずウキウキ♪

但し、ワールドランクに入ってからは、ジュンで勝ち進んできたというのもあり、まずはジュンを使って挑んでみました。
・・・と、なんと「6-0」で完勝! 以前のように、ボールを左右に散らしているだけでも勝ててしまいました。

続いて、オールラウンドプレイヤーのモモコと対戦。こちらは相変わらず、ジュンを使用して挑みましたが、これまた一度目の対戦で「6-2」で勝利することができました。

最初のサービスゲームを、いきなりブレイクされて「やばい!」と思ったものの、幸運にも相手がネットに引っ掛けてくれるミスを要所要所で出してくれたので、大いに助かりました。

エレノアジュンに大苦戦したのがウソのように、ここにきて3連勝。
自分自身も上達したと思い込んでいたので、「ワールドランクも怖くはないな!」などというような思いさえ芽生え始めました。(笑)

そして、自信満々で挑んだ次の相手は、ネットプレイヤーのカイト
最近愛用しているジュンもネットプレイヤーなので、ちょっと嫌な予感もありましたが・・・。その予感が見事に的中し、「1-6」で敗退。

ただ、どのゲームも殆どが「DUCE」にもつれこんだ上で、最後に相手に取られての敗戦だったので、次も再びジュンを使用して挑んでみましたが、またしても「1-6」で敗戦。

今度はかなり一方的な内容となってしまったので、いよいよここでキャロルを使用することにしましたが、今度は「0-6」で敗戦。
もう一度、キャロルで挑んでみても、「1-6」で敗戦。(^^;

でもって、一番お気に入りのグロリアを使用して「今度こそ!」という気持ちで挑んでみたのですが、これまた「1-6」で敗戦。
その後もグロリアキャロルジュンを使用して挑み続けるも、いつも「0-6」か「1-6」、一番良かった時でも「2-6」で負けてばかり・・・。

カイト君、強過ぎまっせぇ~!!!(^^;

ネットプレーが得意なので、すぐに前に出てくるのですが、後ろに戻してやろうとロブを打ち上げても、すぐに追いついて強烈なスマッシュを打ってくるし、スライスボールやドロップを織り交ぜつつ、前後左右に振り回そうとしても、殆ど追いついて打ち返してきやがる!

おまけに、カイトの方はスライスボールを多用してくるため、微妙にバウンドが変わり、せっかく左右に振り回してコートの端に追い出すことに成功し、戻ってきたボールを「これで決まりっ!」とばかりに逆方向に打ち返そうとしても、タイミングが悪くてネットに引っ掛けてしまい、相手のポイントになったり・・・。(^^;

普段はスライス系のボールも上手く打ち返せるのに、決めのショットを打とうとして、力が入ると必ずミスしてしまう・・・といった罠に陥ってしまい、どうにもこうにも勝てません。(涙)

ならば、「カイトにはカイトで!」と、こちらもカイトを使用して挑んでみたものの、「4-6」というスコアまで持って行けたことはあっても、殆どが「0-6」か「1-6」で完敗してしまい・・・。

「足の速いJJを使って、拾いまくって粘ってみよう」と思ってJJを使っても、似たような結果ばかり。


元々、「勝てなくなったらやめよう」と思っていたのですが、ここまで負け続けると、悔しくて逆にやめられなくなってしまい・・・。
でも、やっぱり勝てないままだし・・・。ということで、だんだん頭にきてしまいました。(笑)

しつこく頑張って、もっとシビアなタイミングなどにも慣れていくようにするしかないのかなぁ・・・。
100連敗ぐらいすれば、相手も弱くなってくれる・・・なんてこと、ないですよねぇ~?(^^;

この記事をご覧になられた方で、良い撃破方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、是非お教えくださいましぃ~!!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック