光岡自動車のスポーツカー

ユニークなデザインの車で有名な光岡自動車が、スポーツカー分野でも凄い車を発表~発売になるようです。

その名も「大蛇(オロチ)
まさに、大蛇のごとく、うねりのあるデザインと、怖そうな目玉(ヘッドライト)などが斬新、かつ大きな特徴となっています。

車の名の元になったのは、神話(日本書紀)の世界の「ヤマタノオロチ」で、悪の象徴とも言える訳ですが、本来こういう悪いイメージを商品のイメージと重ねるということは、企業側もあまりやらないことと思われますが、敢えてそういう定説や常識にはこだわらず、毒々しい雰囲気を出すことを狙ったところが凄いですね!

この「大蛇(オロチ)」は、元々2001年の東京モーターショーにて、コンセプトカーのような形で出展され、当時からその独特のデザインが話題になっていたようで、その後も公道走行を可能にすべく改良が重ねられ、遂に3日から受注(予約受付)体制に入った模様です。

納車は来年1月からということで、価格は1050万円となっているようですが、既に50台程度の注文が入っているとか。

丁度3日には、フェラーリ史上で最も速く走るモデル「フェラーリ599」が、日本で初お目見えとなりましたが(価格は約3000万円)、そのフェラーリも真っ青といった感じの外観の「大蛇」も、間違いなく高級スポーツカーマニアの心をくすぐりそうですね。
(ちなみに、このフェラーリも既に100台以上の予約が寄せられているそうです。)


「大蛇」の公式サイトは、以下の通りです。画像もいっぱいありますので、是非ご覧になってみてください。
 ↓
http://www.mitsuoka-orochi.com/

この記事へのコメント