小笠原も巨人入り・・・ですか。

巨人がFAで日本ハムから小笠原選手を獲得することが確定したようですね。

先日は、若手の有望株だった鴨志田投手と長田内野手を交換要員に、オリックスから谷選手をトレードで獲得したばかり。今年もまた、やってくれますねぇ・・・。

これで来季の巨人は強くなる???
よく分からないけど、強くなるのでしょうなぁ・・・。

去年は、ロッテから李や小阪などを獲得し、李などはそれなりに活躍したものの、それ以前に獲得した大物の小久保や工藤などが休みがちで、結局はBクラス。

さかのぼれば、清原などもオリックスに移籍前の数年間は、人気には貢献したものの、故障が目立って休みがちで、成績は散々。
広島から獲得した江藤も、殆ど出場機会がないまま西武に移籍。
投手の工藤は、西武時代から隔年でしか活躍しないことで有名で、それも今の年齢に至ってしまっては、来季そこそこ活躍できればいいところ。

小久保が抜けたので、代わりに小笠原を・・・。ポジションがファーストで、李と重なってしまうけど、小笠原は小久保が守っていたサードも守れるので、どうにかなる。
谷は、外野手が手薄な上に高橋由伸が故障持ちということもあって必要。
きっと、こういった発想なのでしょうが・・・。

成績至上主義&人気至上主義の球団ゆえに、すぐに実績のある選手を獲得して、チーム成績を上げようとしているのかもしれませんが、こういうやり方では、巨人生え抜きの選手が育たない。ということにも、そろそろ気付いてほしいのですけどね。

せっかく育ってきた選手も、大物選手との交換要員として、いとも簡単に手放してしまうようでは、「巨人らしさ」というものが全然出て来ないのでは?

だからこそ、生粋の巨人ファンの中ですら、「巨人ファン離れ」が加速し、それが巨人戦のTV中継での視聴率低下&低迷に繋がっているということを、おそらく多くのプロ野球ファンは既に気付いていると思うのですが、当のG球団だけは気付いていないといか・・・?

常勝球団であるべきジャイアンツが、史上初の2年連続Bクラスになった訳だから、「3年連続だけは避けないと!」といった思いが強いのかもしれないけど、こういうやり方で強くなったとしても、決して長続きはしませんよ。

成長してきた若手に、なかなか活躍の場が与えられないばかりか、やがて次の大物選手獲得時に放出される。
起用すれば、そこそこ活躍できそうな若手選手達が、煮え湯を飲まされた挙句に次々と放出されて行く訳だから、選手層の薄さは避けられない。

しかも、実績豊富なスター選手を獲得しても、概ね30代ばかりだから、酷使することができないばかりか、時々故障して長期欠場することもしばしば。
そして、こういう時こそ、若手に出場機会が与えられるはずですが、その時にはレギュラー選手の欠場を補えるような活躍ができる選手がいない。

移籍組が活躍している間は、チームも好成績を残せるが、ひとたび欠場でもすると、連敗がちになったりして長いトンネルを突き進むことになり、それまでの貯金を吐き出すことに・・・。

でも、G首脳陣は、それでもいいのでしょうね。
こういう動きを見ていると、そういう風にしか思えないですしね。

来季、小笠原や谷、李などが大活躍をして、ぶっちぎりで巨人が優勝街道をひた走ったとしても、人気の回復にまでは繋がらないような気がするのは私だけでしょうか?

ちなみに、V9時代と言うか、黄金時代の巨人が、何故あれだけ何年にも渡って強くいられて、抜群の人気も誇っていられたか・・・と考えてみると、王・長嶋というスーパースターの存在だけでなく、柴田・高田・土井・森などをはじめ、生粋の、そして巨人らしい選手達が多かったからではないかと思う訳でして・・・。

人気については、地方では巨人戦しか中継されないという状況でもあったので、野球を覚えたての子供達などをはじめ、多くの人が自然に巨人ファンになって行くといった部分も多分にあったとは思いますが、それにしても当時の巨人は強かった! 憎たらしいほどに・・・。長い年月・・・。
そして、今の巨人のやり方では考えられないほどに、しっかりと若手選手達も育成していたと思うのですけどねぇ・・・。





この記事へのコメント

  • タイヤ

    小笠原は、残留の道もあったはず、でもあえて巨人を選んだのは、やはり金だ。
    2006年11月27日 15:57
  • 遊猿

    タイヤさん、コメントありがとうございます。

    4年契約という、契約期間の長さに引かれたと本人は語っていたようですが、言い換えれば「金」ということにもなりそうですね。
    年長組の選手達にとっては、「1年でも長くプレイしたい」というような思いも強くなってくるでしょうし、「巨人」というブランドにも、依然強い魅力を感じている選手も多いでしょうから、ある意味どうしようもないことなのかもしれませんが。
    でも、そのブランド力も年々薄れてきているので、今後何年か先にはどうなるかは分からない・・・と言うか、ある程度予測できそうですけどね。
    2006年11月27日 16:31