魂の日記

とんでもないタイトルを付けていますが、単なるゲームのプレイ日記です。
ソウルクレイドル・・・ソウル・・・魂・・・というだけで、魂を込めて何かを訴えたいというものではありません。(^^;

若い頃のように集中して遊ぶことができなくなったので、いまいち進行は鈍めですが、前回記事を書いた後もコツコツと進めています。

1周目はサクッと終わらせ、2周目以降でやり込む・・・というのが、日本一ソフト社のS-RPG系ゲームのプレイの仕方であるということは、過去の作品を一通り遊んできた者としては当然のごとく理解していた訳で、今作も早めに1周目を終わらせたかったのですが・・・。

今回は本編が少し長めとなっているようで、MAP20を過ぎた辺りでも謎が多く、一向に終わる気配がなく、MAP30を越えても、まだまだ「終盤」という実感もなく、「どこまで続くのやら?」などと思いながら遊び続け、今朝ようやくMAP45まで到達したところでして、ここに来て、やっと終わりが見えてきたような感じです。

今回は、攻略サイト等に頼らず独力で遊んできたので、途中で会話の選択肢が出た時など、どれを選ぶべきか不安もあったり、「進め方自体このままで良いのか?」といった不安もあるなど、ちょっとビクビクしながらやってきましたが、それもかえって新鮮で、今のところ変な状況にも陥っていないこともあり、概ね満足しているところでもあります。

ただ、汎用キャラを作る時に、名前を決めた後の画面で十字キーの右を押せば、キャラのレベルも決めることができるということに気付かず、いつもレベル1のキャラばかり作って仲間にしていたもので、もの凄く損をした気分にもなりました。(笑)

画面内にちゃんと説明が出ているのに、完璧に見落としていた自分が情けない。。。(^^;
お陰で戦闘中に、主人公の部隊以外は死にまくり状態となり、全然育ってくれないから、途中(MAP20前後)からは、寄り道せずに進めるのも厳しくなり、レベル上げのために「強化の試練」に潜る機会も増え、予想外に時間がかかってしまいました。

部屋の効果用のアイテムや、ギグコマンドなどを使えば、色々と楽しいこともできそうですが、その辺は2周目以降の楽しみに取っておくことにして・・・。
(とりあえず今は、主人公のステータス上げのために、街の人と合体することだけはチョコチョコとやっていますが。)
今夜中に、ひとまず1回クリアさせたいと思っています。

ひとつだけ・・・。「マイホーム」って、どういうメリットがあるのか全く分からないのですが・・・。
私は、部屋を作る際、「部屋の入れ替え」を利用して作るようにしていますが、「マイホーム」を使った方がいいのかな?

「入れ替え」経由の方が、配置数もランダムで決めることができるので、自分好みの配置の部屋が出た時に決めれば済むけど、「マイホーム」だと配置数も陣形も固定っぽいから、どうも気に入らないのですが・・・。
何か、とんでもない勘違いをしているのかな? それだけが心配です。(^^;

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック