Winny利用者を特定するソフト

相も変わらず情報流出が続いている「Winny」問題ですが、匿名性の高さ等もあって使用者が特定しにくいとされていた同ソフトを分析し、使用パソコンを突き止めることができるソフトが、このたび開発されたようです。 開発を行ったのは、カリフォルニア州在住の日本人エンジニアの鵜飼氏で、「Winny」の暗号部分を解読することで、違法ファイル等を保存しているパソコンのネット上のアドレスが分かるようになると…

続きを読む

村上氏の誤算

村上ファンドの村上世彰氏が、本日午前11時から東京証券取引所にて記者会見を開き、インサイダー取引きに関する容疑を認めるとともに、謝罪及び引退発言までされたもようです。 元々、ニッポン放送の株については、村上ファンドは03年6月に241万強の株を取得して大株主になって以来、大口・小口でコツコツと買い続けており、ライブドアの動き云々に関わらず、いつも通りの村上ファンドのやり方で、株を買い増しし…

続きを読む

村上ファンドにインサイダー疑惑

ニッポン放送株売買を巡り、村上ファンドにインサイダー疑惑が浮上し、近く東京地検特捜部が村上世彰氏から事情を聞くことになるようです。 昨年世間を賑わせた、ライブドアによるニッポン放送株買い占めが、公開買い付け(TOB)に準じる行為に当たり、当時もニッポン放送株を有していた村上ファンドが一連の騒動の鍵を握るなどと言われていたと思いますが、村上代表はライブドアによるニッポン放送株の買い付け情報を…

続きを読む

低気圧の命名権、日本人が購入

ドイツには、高気圧と低気圧の命名権を民間に売るという制度があるらしく、これを利用して気象予報士の資格を持つ徳島市の団体職員の橋本隆氏が、日本人では初めて低気圧命名の権利を購入していたそうです。 この制度は、国の補助金削減で気象観測を続けるのが難しくなった、ベルリン自由大学の気象研究所が2002年から始めたものらしく、申し込みは先着順で、命名権料は低気圧が199ユーロ(約2万8000円)、高…

続きを読む